タチカワブラインドの故障修理 交換する部品と入手のしかた

blindrepair8eyecatch

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

今回の記事は、

ブラインドが、故障して修理が必要になった時の交換部品と、あれば便利な修理道具の紹介です。

入手のしかたも紹介します。

ブラインドのメーカー的には、タチカワ品が中心の話となりますが、

専用パーツ以外は他のメーカーのブラインド修理に対しても参考にしていただけると思います。

 

ブラインドの故障個所別の交換部品と修理道具

 

ブラインドの修理なんて普通はそんなにあるわけではないので、何を準備したらいいのか良く解らない方が多いと思います。

最近たまたま、自店で取り付けてあるタチカワブラインドが、「故障個所のバリエーション多く」一斉に壊れてくれました。

 

素人の自分が、自分で修理しようと立ち上がり、悪戦苦闘行ってきました。

その体験記をブラインドが故障する5パターン 自分で直す実際の修理方法を解説します。

に書きましたが、

この記事では、交換パーツと修理にあればいい道具をまとめています。参考にしてみてください。

昇降コードの擦り切れの修理の場合

 

擦り切れそうな昇降コードを取り替え修理する時に必要となる部材です。

交換部品

必要な交換部品は昇降コードです。

そのほか、ストッパー・パーツの点検で不具合が見つかればストッパー・パーツの交換も必要になると思います。

blindrepair087

タチカワブラインド純正昇降コード1.7mmφ

blindrepair012

TRUSCO(トラスコ)ブラインドコード白2mmx30m

昇降コードはどちらか一方でOKです。

どちらを選択するかについては、修理するブラインドの左右ある昇降コードを同じものにするのが良いでしょう。

参考記事:タチカワブラインド 途中停止しないストッパーを検証する

タチカワの純正昇降コードの入手の仕方は、「タチカワブラインド純正部品の入手方法」で確認してください。

修理道具

あれば便利な修理道具です。中には必須のものもあります。

blindrepair126

着火ライター(新旧コード溶着用)は必ず必要です。

blindrepair038

ラジオペンチ、マイナスドライバー大と小 の工具は一番使い勝手がいいです。

着火ライターは、新旧の昇降コードを溶着させるために必須です。

 

修理道具リスト(準備例)

  • 着火ライター
  • ラジオペンチ
  • マイナスドライバー大
  • マイナスドライバー小

 

ブラインドが途中停止しない時の修理の場合

 

ブラインドが途中で停止しなくなった時に必要となる部材です。

交換部品

必要な交換部品はストッパー・パーツです。

昇降コードが左右違うメーカーだった場合、ストーパーの噛みあい不良で、ブラインドの左右どちらか側がスーッと下がっていく場合は、左右とも同じメーカーの昇降コードに合わせることが必要になることがあります。

blindrepair116

タチカワブラインド純正ストッパー・パーツ

blindrepair087

タチカワブラインド純正昇降コード1.7mmφ

ブラインドの途中停止不良は、ストッパー・パーツの不良という場合と、昇降コードが上手くあっていないという場合があります。

参考記事:タチカワブラインド 途中停止しないストッパーを検証する

タチカワの純正昇降コードの入手の仕方は、「タチカワブラインド純正部品の入手方法」で確認してください。

修理道具

あれば便利な修理道具です。中には必須のものもあります。

blindrepair037

紐とおし、縫い糸(チルトギア、ワンポールで昇降コードを通す用)

blindrepair032

ゼムクリップ(昇降コードをストッパーの中を通す用)

blindrepair038

ラジオペンチ、マイナスドライバー大と小

修理道具リスト(準備例)

  • 紐とおし(ダイソー)
  • ゼムクリップ(小から中のもの)
  • 縫い糸(ブラインドワンポールの長さ+30cm程度)
  • ラジオペンチ
  • マイナスドライバー大
  • マイナスドライバー小

 

羽根が回らない時の修理の場合

 

ブラインドの羽根が回らなくなった時に必要となる部材です

交換部品

必要な交換部品はチルトギアです。

チルトギアは一見、白い色のみでカラーパーツでは無い様に見えますが、

チルターカバーというチルトギア内のパーツに色が付いています。

ですので、チルトギアを入手する際には「カラー指定」が必要になります。

blindrepair036

 

タチカワブラインド純正チルトギア

タチカワの純正昇降コードの入手の仕方は、「タチカワブラインド純正部品の入手方法」で確認してください。

修理道具

チルトギアに昇降コードを通す作業は、色んな修理のケースでも行われる作業になります。その分、紐とおしの使用頻度も多いということです。

blindrepair037

紐とおし(チルトギア、ワンポールで昇降コードを通す用)

blindrepair038

ラジオペンチ、マイナスドライバー大と小

修理道具リスト(例)

  • 紐とおし(ダイソー)
  • ラジオペンチ
  • マイナスドライバー大
  • マイナスドライバー小

 

昇降コードが完全に切れた時の修理の場合

 

昇降コードが完全に切れてしまった時に必要となる部材です

交換部品

必要な交換部品は昇降コードです。

blindrepair087

タチカワブラインド純正昇降コード1.7mmφ

blindrepair012

TRUSCO(トラスコ)ブラインドコード白2mmx30m

昇降コードはどちらかを選択します。

どちらを選択するかについては、修理するブラインドの左右ある昇降コードを同じものにするのが良いでしょう。

参考記事:タチカワブラインド 途中停止しないストッパーを検証する

タチカワの純正昇降コードの入手の仕方は、「タチカワブラインド純正部品の入手方法」で確認してください。

修理道具

あれば便利な修理道具です。

blindrepair088

ゼムクリップ(中)(羽根の穴に昇降コードを通す介助用)

blindrepair032

ゼムクリップ(小から中)(昇降コードをストッパーの中を通す用)

blindrepair037

紐とおし、縫い糸 (チルトギア、ワンポールで昇降コードを通す用)

blindrepair038

ラジオペンチ、マイナスドライバー大と小

修理道具リスト(例)

  • ゼムクリップ(中)
  • ゼムクリップ(小から中)
  • 紐とおし(ダイソー)
  • 縫い糸(ブラインドワンポールの長さ+30cm程度)
  • ラジオペンチ
  • マイナスドライバー大
  • マイナスドライバー小

 

上部の羽根がねじれた時の修理の場合

 

交換部品

この修理については交換部品はありません。

(羽根が酷く曲がってしまった時は、羽根を交換するひつようがあるかもしれません。ケースバイケースで)

修理道具

あれば便利な修理道具です。

blindrepair038

ラジオペンチ、マイナスドライバー大と小

 

修理道具リスト(例)

  • ラジオペンチ
  • マイナスドライバー大
  • マイナスドライバー小

 

交換する部品の入手のしかた

 

タチカワブラインドの交換部品は、基本的に注文取り寄せになります。

タチカワブラインド純正部品の入手方法

 

タチカワブラインドは基本、オーダーメード形式での製品管理をしているようです。

製造年や製品特徴(品名やカラー)など覚えていなくても大丈夫です。

 

ブラインドに付いているロット番号で製品を識別できる

ブラインド本体に貼られたシールを確認することで、製品のロット番号が分かります。

そのロット番号をメーカーのタチカワに知らせることで、その商品情報が分かるような仕組みになっています。

もちろん、修理するブラインドの情報を口頭で伝えても大丈夫ですが、商品確認のやり取りが面倒ですよね。

 

blindrepair127

 

ロット番号〇〇の昇降コード△△メートル
ロット番号〇〇のストッパー
ロット番号〇〇のチルトギア

などと注文すればOKです。

交換部品をどこに注文すればいい?

おすすめの注文先は、タチカワブラインド取り扱いインテリアショップです。

全国各地の取り扱いインテリアショップがタチカワブラインドのHPに掲載されています。

(コロナ禍で現在、休廃業されているところもあるようです。R3.11末現在)

(タチカワブラインドの販売店検索ページ)

 

メーカーの全国の問い合わせ先は、タチカワのHPのこちらに掲載されています。

(外部サイト)タチカワブラインドの全国のショウルーム・営業所拠点

メーカーからの直接修理を希望する時は、メーカーの各営業所へ連絡します。

 

一般市販部品の場合

 

タチカワブラインドの修理のための交換部品で、一般市販で使えるものはそんなに多くはありません。

昇降コードは、経年使用のストッパー・パーツの摩耗減耗状況で、使える使えないが変わると思います。

参考資料:タチカワブラインド 途中停止しないストッパーを検証する

入手先は、amazon、楽天、Yahooが入手のタイムラグが少なくていいでしょう。

blindrepair012

TRUSCO(トラスコ)ブラインドコード白2mmx30m

 

TRUSCO(トラスコ) ブラインドコード 白 2mm×30m 8つ打タイプ R-230B

 


トーソー 昇降コード1.6パイ ホワイト 10m入り

 

交換部品の入手方法のまとめ

 

ブラインドを構成している各部品は、各メーカーの独自規格のものが殆どです。

そのため、修理の交換部品は何かしら似たものでと思っても、上手く代用が効かないことが多いです。

特に、タチカワブラインドの場合は、基本オーダーメードでの製作になっているので、

amazonや楽天でも一般市販として流れていることがほぼ無いようです。

 

「似たものでパーツ」で、二度手間三度手間の修理作業とならないように、

少し入手に時間がかかりますが、純正の交換部品を使用した方が結局は、

「作業時間」も短くて、「メンタル」も痛めなくていいように思います。

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

 

「経費を削減するために」の関連記事

「経費を削減するために」の記事一覧を開く