領収書をうまく作成するための道具集

ryousyuyousi

 

領収書作成シリーズ一覧
ryousyumihoneyecatcha
知る人ぞ知る「領収書作成の鬼仕事」。領収書の作成と印刷をEXCELを利用して超時短の仕事に変えてみます。 一度システムを作ってしまえばあとは永年無料で超時短です。 これでレジの感熱紙領収書では不可という顧客にも対応できて「手書き領収書地獄」 ...
続きを読む
ryousyusho_tempeyecatch3aa
領収書発行ソフトを無料DLで利用できます。市販領収書サイズのA6版で1枚づつ印刷します。 また、この業務実使用のエクセルVBAソフトの自作法を解説していきます。 初回はテンプレートづくりです。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)で ...
続きを読む
ryousyuineieyecatcha
領収書の作成はエクセルで売上データなどから容易く作成することはできます。 が、自動化して、しかも発行者印を押してとなると、参考となるものが非常に少ないです。 今回、自店で使っているやり方を紹介いたしますので参考にしていただければと思います。 ...
続きを読む
ryousyudataeyecatcha
エクセルVBAを使って独自に作った領収書に、発行情報をまとめた一覧表からのデータを反映させます。 こうすれば、その一覧表のデータ内容を変更するだけで簡単に登録修正や再発行ができるようになります。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33) ...
続きを読む
kingakuhyoujieyecatcha
エクセルVBAを使って領収書を作成する時に金額表示を工夫するとオシャレに表現することができます。 数字1文字ごとに書体を変えることもできます。 お店独自のオンリーワンの領収書を作ることもできます。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33 ...
続きを読む
ryousyu_userformeyecatcha
エクセルで領収書を作成します。 ユーザーフォームのVBAを使って印刷全体をコントロールできるようにします。 今回がこのテーマの記事の最終回となります。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 今回は、領収書印刷をコントロールする ...
続きを読む
ryousyuyousi
領収書作成シリーズ一覧 領収書の用紙について 一般的に市販されている領収書は、小切手帳判(84x175mm)やA6ヨコ版(105x154mm)が中心です。 そこで今回作成した領収書は、A6ヨコサイズに設定しています。 使用する用紙についてで ...
続きを読む
printerselecteyecatcha
こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 今回は、紆余曲折しながら今、メインで使っているプリンターの話題についてです。 今まで幾つかの機種を使って来ましたが、現在一番フィットしているプリンターについてです。 業務作業で、プリンター ...
続きを読む
ryousyu_VBAkanseieyecatch
エクセルVBAを使って、オリジナルな領収書の作成を解説してきました。 ここで、各モジュールに記述するVBA全コードを一覧で紹介します。 VBAコード配置の確認に利用してください。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 「領収書 ...
続きを読む

 

 

 

領収書の用紙について

 

一般的に市販されている領収書は、小切手帳判(84x175mm)やA6ヨコ版(105x154mm)が中心です。

そこで今回作成した領収書は、A6ヨコサイズに設定しています。

 

使用する用紙についてですが、

本番に使う用紙はA4のコピー用紙を切って使うにはイマイチよろしくありません。

 

コピー用紙がイマイチ使えないのはこういうところです。

  • A6のコピー用紙がほとんど見当たらない
  • グラム数が少ないこと(薄い)
  • きめが粗いこと
  • 地色が真っ白なこと
  • 故に仕上がりが非常に安っぽい

 

そういったことで、A6サイズのものをいろいろ探しました。

 

で、今使っている用紙が「ペーパーミツヤマ 書籍用紙 」という用紙です。

 

  • サイズがA6のプレカット品
  • 用紙厚みが”コピー用紙の厚紙タイプ” 特に104.7g/㎡というところが貴重です。
  • 書籍用できめが細かくなっている
  • 地色がクリーム色

 

プリント仕上がりも見栄えも結構良いかと思います。(個人主観です。)

 

用紙の詳細はこちらをご参考にしてください。

ペーパーミツヤマ 書籍用紙 淡クリームキンマリ 4/6 90kg 104.7g/㎡ A6 2000枚

ペーパーミツヤマ 書籍用紙

 

エクセルについて

 

Microsoft EXCEL については、基本的にはOffice(オフィス)というパッケージになります。

現在導入方法はオンラインコード版、サブスク版 の2タイプとなります。

古いバージョンから順にMicrosoftのサポートが終了していきますので、出来るだけ最新バージョンにするほうが良いかと思います。

 

 

オススメ↓です。

最新版のエクセルはこちらから確認いただけます。同時利用5台ライセンスで1年サブスクがいいかと思います。
Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

 

Office Home&Businessの永続ライセンス版もあります。こちらはオンラインコードとなります。
Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台