エクセルVBA 数値の切り上げ、切り捨てに要注意「RoundUpとRoundDown関数」

vbaroundupdowneyecatch

エクセルVBA 数値の切り上げ、切り捨てをするときには注意しなければいけません。
RoundUp関数とRoundDown関数を使う時に負の数が混在していると、そのままだと誤った計算結果になることがあります。

 

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

今回のテーマは、数値の「切り上げ」や「切り捨て」を行うことの出来る

エクセルワークシート関数 「RoundUp関数」「RoundDown関数」についてです。

エクセルシートで、お馴染みの関数だと思います。

先の記事の「Round関数」と合わせて参考にしてください。

 

数値の切り上げ、切り捨ての
「RoundUp関数」「RoundDown関数」とは

 

数値の「切り上げ」や「切り捨て」は先に説明しました「四捨五入」と同じようなシチュエーションで使われる場合かと思います。

金額計算に関係する場面、勤務時間計算の場面、販売量・生産量・品質評価値の計算などなど。

それだけ頻繁に使用機会のある「数値の計算手段」ではないでしょうか。

 

ここで紹介するのは、「RoundUp関数」「RoundDown関数」ですが、

同じような働きをするVBA関数に「Int関数」と「Fix関数」があります。

この「Int関数」と「Fix関数」は数値の整数部分だけ取り出す関数です。

処理する数値が負の数値であるときは、「RoundUp関数」「RoundDown関数」「Int関数」「Fix関数」それぞれにちょっと困った戻り値を吐き出してきます。

合わせて説明したいと思います。

MEMO

「四捨五入」を行う「Round関数」についてはこちらの記事をご覧ください。

vbaroundeyecatchエクセルVBA 数値を四捨五入したい時のRound関数の使い方と注意点

「Int関数」「Fix関数」について詳しくはこちらです。

vbaintfixeyecatchエクセルVBA 関数 Int・Fix・Abs・Signで数値の整数部分を完全に分離する

乱数を発生させる「Rnd関数」について詳しくはこちらです。

vbarndeyecatchエクセルVBA Rnd関数で乱数を取得。簡単な加工コードで発生値を変化させる

 

「切り上げ」と「切り捨て(切り下げ)」の考え方

 

これから説明していく中で、「切り上げ」と「切り捨て(切り下げ)」の考え方について整理しておきたいと思います。

負の数(マイナス数字)に関しての「切り上げ」「切り捨て(切り下げ)」とは、それぞれの立場の違いや慣例的は側面などでも運用されているようです。

この記事でいう「切り上げ」と「切り捨て(切り下げ)」の考え方は、

数直線上で、「0を中心に」して「0に近づく」「0から離れる」という動きによって、

プラスの場合は、

「0に近づく」ことを切り捨てる(切り下げる)。

「0から離れる」ことを切り上げる。 とし

 

マイナスの場合は、

「0に近づく」ことを切り上げる。

「0から離れる」ことを切り捨てる(切り下げる)。と考えます。

 

まとめていうと、「数値が大きくなる事を切り上げ」「数値が小さくなることを切り捨て」とします。

ここでは、この意味で記事を読み進めてください。

 

数値の切り上げの「RoundUp関数」の構文

 

RoundUp関数の構文

  • WorksheetFunction . RoundUp ( 数値 , 桁数  )

「WorksheetFunction . 」は関数の前に必ずつけます。(接頭語のようなものです。)

Round関数の場合とは違って、RoundUp関数では「桁数」は省略できません。

 

数値の切り捨ての「RoundDown関数」の構文

 

RoundDown関数の構文

  • WorksheetFunction . RoundDown ( 数値 , 桁数  )

「WorksheetFunction . 」は関数の前に必ずつけます。(接頭語のようなものです。)

Round関数の場合とは違って、RoundDown関数では「桁数」は省略できません。

 

「RoundUp関数」「RoundDown関数」の使い方の注意点

 

「RoundUp関数」「RoundDown関数」の使い方を、「Int関数」「Fix関数」の場合も参考に説明したいと思います。

テスト概要

 

Rnd関数でランダムに100未満の8つの数値を取り出し、

4つの関数「RoundUp関数」「RoundDown関数」「Int関数」「Fix関数」で「切り上げ」や「切り捨て」処理を行います。

「Int関数」「Fix関数」については、戻り値が整数値になりますので、小数点以下のテストのケースでは対象外としています。

 

正の数に対して実行した場合

 

正の数に対する切り上げ

正の数に対する「切り上げ」はRoundUp関数のみとなります。

ここでは数値の中の小数点以下の部分を切り上げた値を戻します。

特に何の問題もなく戻り値を返しました。

コード

Sub RoundUp関数サンプル1()
    Dim i As Long
        Range("B2") = "ランダム値"
        Range("C2") = "RoundUp関数"
        Range("D2") = "Int関数"
        Range("E2") = "Fix関数"
        Columns.ColumnWidth = 14
        Randomize
        For i = 3 To 10
            Cells(i, 2) = Rnd * 100
            Cells(i, 3) = WorksheetFunction.RoundUp(Cells(i, 2), 0)
        Next i
End Sub

vbaroundupdown001a

 

正の数に対する切り捨て

正の数に対する「切り捨て」です。

ここでは数値の中の小数点以下の部分を切り捨てた値を戻します。

RoundDown関数以外に、Int関数、Fix関数でも行うことが出来ます。

ここでも特に何の問題もなく戻り値を返しました。

コード

Sub RoundDown関数サンプル1()
    Dim i As Long
        Range("B2") = "ランダム値"
        Range("C2") = "RoundDown関数"
        Range("D2") = "Int関数"
        Range("E2") = "Fix関数"
        Columns.ColumnWidth = 14
        Randomize
        For i = 3 To 10
            Cells(i, 2) = Rnd * 100
            Cells(i, 3) = WorksheetFunction.RoundDown(Cells(i, 2), 0)
            Cells(i, 4) = Int(Cells(i, 2))
            Cells(i, 5) = Fix(Cells(i, 2))
        Next i
End Sub

vbaroundupdown002a

 

負の数に対して実行した場合

 

負の数に対する切り上げ

負の数に対する「切り上げ」ですが、切り上げを行う「RoundUp関数」だけでなく、

「切り捨て」の「Int関数」「Fix関数」についても見ていきます。

コード

Sub RoundUp関数サンプル2()
    Dim i As Long
        Range("B12") = "ランダム値"
        Range("C12") = "RoundUp関数"
        Range("D12") = "Int関数"
        Range("E12") = "Fix関数"
        Columns.ColumnWidth = 14
        Randomize
        For i = 13 To 20
            Cells(i, 2) = Rnd * -100
            Cells(i, 3) = WorksheetFunction.RoundUp(Cells(i, 2), 0)
            Cells(i, 4) = Int(Cells(i, 2))
            Cells(i, 5) = Fix(Cells(i, 2))
        Next i
End Sub

vbaroundupdown003a

ランダム値の例えば、「-34.48602676」について、

「RoundUp関数」と「Int関数」は「-35」の値を戻しています。

これは、『「切り上げ」とは「数値が大きくなる事を切り上げ」』としたルールに反することになります。

つまりここでは、

  • 「RoundUp関数」は数値を切り捨てを行った。
  • 「Int関数」はその機能通り数値を切り捨てた。
  • 「Fix関数」はその機能に反して数値の切り上げを行った。

ということになります。

vbaroundupdown004a

 

 

負の数に対する切り捨て
コード

Sub RoundDown関数サンプル2()
    Dim i As Long
        Range("B12") = "ランダム値"
        Range("C12") = "RoundDown関数"
        Range("D12") = "Int関数"
        Range("E12") = "Fix関数"
        Columns.ColumnWidth = 14
        Randomize
        For i = 13 To 20
            Cells(i, 2) = Rnd * -100
            Cells(i, 3) = WorksheetFunction.RoundDown(Cells(i, 2), 0)
            Cells(i, 4) = Int(Cells(i, 2))
            Cells(i, 5) = Fix(Cells(i, 2))
        Next i
End Sub

vbaroundupdown005a

 

ランダム値の例えば、「-68.00296021」について、

「RoundDown関数」と「Fix関数」は「-68」の値を戻しています。

これは、『「切り捨て」とは「数値が小さくなることを切り捨て」』としたルールに反することになります。

つまりここでは、

  • 「RoundDown関数」は数値を切り上げを行った。
  • 「Int関数」はその機能通り数値を切り捨てた。
  • 「Fix関数」はその機能に反して数値の切り上げを行った。

ということになります。

vbaroundupdown006

 

負の数に対するRoundUpとDown関数比較

数値を負の数として、小数点以下第2位で丸めるように「切り上げ」「切り捨て」を見ていきます。

対象は「RoundUp関数」「RoundDown関数」についてです。

コード

Sub RoundUpとDown関数比較()
    Dim i As Long
        Range("B22") = "ランダム値"
        Range("C22") = "RoundUp関数"
        Range("D22") = "RoundDown関数"

        Columns.ColumnWidth = 14
        Randomize
        For i = 23 To 30
            Cells(i, 2) = Rnd * -100
            Cells(i, 3) = WorksheetFunction.RoundUp(Cells(i, 2), 2)
            Cells(i, 4) = WorksheetFunction.RoundDown(Cells(i, 2), 2)
        Next i
End Sub

vbaroundupdown007a

 

ランダム値の例えば、「-48.64665985」について、

「RoundUp関数」は「-48.65」

「RoundDown関数」は「-48.64」の値を戻しています。

  • 『「切り捨て」とは「数値が小さくなることを切り捨て」』ですので、「-48.65」の「RoundUp関数」が「切り捨て」
  • 『「切り上げ」とは「数値が大きくなる事を切り上げ」』ですので、「-48.64」の「RoundDown関数」が「切り上げ」

を行ったということになります。

vbaroundupdown008

 

 

(実務上は)正の数と負の数の混在処理が必要

 

今までのテスト、特にマイナスの数値での戻り値の違いを考慮しなければいけない場合は、数値が正の数の場合と負の数の場合で条件分岐させる必要があります。

 

正負の数混載の切り上げ

テスト結果の通り、

負の数において、「切り上げ」は「RoundDown関数」が、

『「切り上げ」とは「数値が大きくなる事を切り上げ」』というルールに合っています。

したがって混在処理のVBAコード組み立てはこのようになります。

コード

Sub 正の数負の数混在処理切り上げ()

    Dim i As Long
        Range("B12") = "ランダム値"
        Range("C12") = "RoundUp関数"
        Range("D12") = "RoundDown関数"
        Range("E12") = "正負混在切り上げ値"
        Columns.ColumnWidth = 14
        Randomize
        For i = 13 To 20
            Cells(i, 2) = (0.5 - Rnd) * 100
            Cells(i, 3) = WorksheetFunction.RoundUp(Cells(i, 2), 2)
            Cells(i, 4) = WorksheetFunction.RoundDown(Cells(i, 2), 2)
            
            Select Case Cells(i, 2)
                Case Is < 0 
                    Cells(i, 5) = WorksheetFunction.RoundDown _
                                                   (Cells(i, 2), 2) 
                Case Is >= 0
                    Cells(i, 5) = WorksheetFunction.RoundUp _
                                                    (Cells(i, 2), 2)
            End Select

        Next i
End Sub

vbaroundupdown009a

 

正負の数混載の切り捨て

テスト結果の通り、

負の数において、「切り捨て」は「RoundUp関数」が、

『「切り捨て」とは「数値が小さくなることを切り捨て」』というルールに合っています。

したがって混在処理のVBAコード組み立てはこのようになります。

コード

Sub 正の数負の数混在処理切り捨て()

    Dim i As Long
        Range("B22") = "ランダム値"
        Range("C22") = "RoundUp関数"
        Range("D22") = "RoundDown関数"
        Range("E22") = "正負混在切り捨て値"
        Columns.ColumnWidth = 14
        Randomize
        For i = 23 To 30
            Cells(i, 2) = (0.5 - Rnd) * 100
            Cells(i, 3) = WorksheetFunction.RoundUp(Cells(i, 2), 2)
            Cells(i, 4) = WorksheetFunction.RoundDown(Cells(i, 2), 2)
            
            Select Case Cells(i, 2)
                Case Is >= 0
                    Cells(i, 5) = WorksheetFunction.RoundDown _
                                                    (Cells(i, 2), 2)
                Case Is < 0
                    Cells(i, 5) = WorksheetFunction.RoundUp _
                                                    (Cells(i, 2), 2)
            End Select

        Next i
End Sub

vbaroundupdown010a

 

「RoundUp関数」「RoundDown関数」の注意点のまとめ

 

一口に「切り上げ」「切り捨て」と言っても、今回説明してきましたように、

その概念、みなさんが使っているルールによって、

特に負の数(マイナスの数)を扱う場合にはおかしなことになってしまいます。

【これは今27%引きの価格だけど、頑張って30%に切り下げた価格にしておきますよ。】

といったとき

  • 「WorksheetFunction.RoundDown(-27 / 10, 0) * 10」
  • 「WorksheetFunction.RoundUp(-27 / 10, 0) * 10」

どちらなの?

正解はRoundUpですが、お客様の損得にかかわってくる場合があるかもしれませんよね。

 

ちなみに、参考例とした「Int関数」「Fix関数」について、

マイナス数の場合は、「Fix関数」は切り上げに、「Int関数」は切り捨てに使うことが出来ます。

 

ちょっと、話が面倒くさかったですが、結構重要な部分ですので、よく理解をしておいていただければと思います。

 

エクセルVBA学習のおすすめ独習法

 

エクセルVBAを独習する中では、疑問点なんかで出来た時は、ああだこうだと調べておられると思います。

そんな中で、知っておいた方がいいかも、ということを書いた記事があります。

また、参考にしていただければと思います。

こちら↓になります。

 

エクセルVBAの独習を始めるためのポイントについて vbastudyeyecatchエクセルVBAを独学で習得するためのポイントは?良書との出会いは重要 基礎知識習得のためのオンライン学習講座の参考記事 Udemy1eyecatchエクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。
  今回の記事はここまでです。
最後までご覧いただき有難うございました。

 

vbaintfixeyecatch
エクセルVBA関数で、数値の整数部分だけを分離します。 整数値取得のFix関数でなくInt関数の使用の場合でも、 他の関数との組み合わせで解決することが出来ます。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 今回のテーマは、数値の整 ...
続きを読む
vbarndeyecatch
エクセルVBAのRnd関数で乱数を取得します。 実用のためにはコードに簡単な加工をする必要があります。特に乱数値の整数化とRandomizeは必須です。 6.5兆通りのパスコードの生成方法も解説しています。 こんにちは、じゅんぱ店長(@ju ...
続きを読む
vbaroundupdowneyecatch
エクセルVBA 数値の切り上げ、切り捨てをするときには注意しなければいけません。 RoundUp関数とRoundDown関数を使う時に負の数が混在していると、そのままだと誤った計算結果になることがあります。 こんにちは、じゅんぱ店長(@ju ...
続きを読む
vbaroundeyecatch
エクセルVBAでも数値を四捨五入したい時は、Round関数を利用することが多いです。 Round関数の使い方はワークシートと同様ですが、ただ大きな注意点があります。 ここではその注意点も含めて使い方の説明を行います。 こんにちは、じゅんぱ店 ...
続きを読む
vbamaxminaveeyecatch
エクセルVBAで、ワークシート関数 Max・Min・Averageを利用して最大値・最小値・平均を求めます。 「簡単で短いエクセルVBAコード組み立て」を目指す上では、ワークシート関数は強い味方です。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa ...
続きを読む
vbainsteeyecatch
InStr関数・InStrRev関数は、文字列操作系の関数の中でも最重要です。 この関数により指定の文字(列)の存在位置が取得できます。 そしてそれを目盛基準として、文字列操作をすることもできます。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa3 ...
続きを読む
vbareplaceeyecatch
エクセルVBAで使える関数にReplace関数があります。 Replace関数は検索の文字列を指定の文字列に置換したり、削除したり出来ます。 利用価値の高い関数です。使い慣れておきましょう。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です ...
続きを読む
vbaselectcaseeyecatch
エクセルVBAで、必須の条件文。 その中の一つで、Select Case 条件分岐 ステートメントの使い方を説明します。 簡単なコード、可読性の向上が特徴のステートメントです。是非、知っておきましょう。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junp ...
続きを読む
VBAValeyecatch
エクセルVBAのVal関数の使い方についてです。 「値を文字列型から数値型へ変換する」という機能があります。 データ型が不一致の場合、プログラムエラーでコード停止が発生することが良くあります。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)で ...
続きを読む
VBAStringeyecatch
エクセルVBA String関数の使い方についてです。 「文字を指定した数だけ並べることが出来る」という機能の関数です。 この関数を使えば簡潔なコード記述で実行することが出来ます。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 今回は ...
続きを読む
vbajoineyecatch
エクセルVBAでJoin関数の使い方について説明します。 文字列を接続する関数ですが、 配列変数で文字列を要素化した時にはこれを使います。 また「区切り文字」も自由に設定できます。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 今回は ...
続きを読む
vbamideyecstch
エクセルVBAで文字列操作は、コード作成の中でも重要な部分です。 Mid・Right・Left関数は、その操作の中で重要な働きをする関数です。 文字列を切り出すこの関数の基本部分を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)で ...
続きを読む
vbatrimeyecatch
Trim・RTrim・LTrimは文字列の端にあるスペースを取り除きます。 ちょっとのことですが、取り込みデータにスペースが付いていることでのエラーは発見修正が結構厄介です。 注意が必要です。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)で ...
続きを読む
vbastrcstreyecatch
エクセルVBAで、Str関数とCStr関数に使い方とその違いについて説明します。 戻り値にちょっとした違いがあります。 使い方の違いでその後のコードの進行に影響が出ることがあり、なおざりにはできません。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junp ...
続きを読む
vbaleneyecatch
Len関数の使い方ついて説明します。 エクセルVBAでプログラミングを行う時に、テキストデータを加工処理するには必須の関数です。 非常に有用な関数ですので、是非使えるようになっておきましょう。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)で ...
続きを読む
VBACheckBoxeyecatch
エクセルシートで使う場合の、2種類あるチェックボックスの設置と使い方の違いを解説します。 一見簡単そうですが、 単純でない使い方をしたい時は、設置方法と設定方法を工夫する必要があります。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 ...
続きを読む
VBAOptionbuttoneyecatch
エクセルで書類を作成する時、項目を選択できるようにするのがオプションボタンです。 これには2種類あり、使い方にかかわる違いもあります。 詳しいオプションボタン設置方法と使い方のコツを解説します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33) ...
続きを読む
vbamojisousaeyecatch
エクセルVBAコードで、ファイルの保存時に名前を付けて保存について、その時の年月日を付けたい時の設定方法についてです。 保存されたファイルがたくさん増えて行く中で、ファイルの判別で年月日を付けている(付けたいと思っている)人も多いでしょう。 ...
続きを読む
vbajyufukueyecatch
今回は、同じ項目を一つにまとめるためのエクセルVBAコードを紹介します。 多数銘柄の商品を複数の店で扱っている場合、商品銘柄集計表を作るには、商品銘柄の種類だけをリストにしないといけません。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です ...
続きを読む
vbafolderdeleteeyecatch
今回は、不要なフォルダをサクッと削除するエクセルVBAコードを紹介します。 削除の仕方は2つあります。VBA自身の機能を使うことと、FSOの機能を使うことの2つです。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAで、不 ...
続きを読む
vbadirkilleyecatch
今回は、フォルダに保存されている要らないファイルを削除するエクセルVBAコードを紹介します。 フォルダを開いて一つずつファイル名を確認して、ではなくて、コード実行一発でササッと完了します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 ...
続きを読む
vbachdireyecatch
エクセルVBAのステートメントで「ChDir(チェインジディレクトリ)」というのがあります。 少々地味感のあるステートメントですが、この使い方のポイントを説明いたします。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAの ...
続きを読む
vbafindeyecatch001
今回は、データの検索方法で、エクセルVBAでできるメソッドについてです。 「FindとFindNextメソッド」の使い方と最速理解のコードの組み立て方を説明したいと思います。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルの検 ...
続きを読む
今回も、エクセルVBAで利用できるワークシート関数についてがテーマです。 この記事では、データナンバーなどから、その必要な値や数値を抽出する「Vloolup関数」について使い方を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です ...
続きを読む
vbaindexeyecatch001
今回も、エクセルVBAで利用できるワークシート関数についてがテーマです。 この記事では、データリストから必要な値や数値を取り出してくる「Index関数」について使い方を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセ ...
続きを読む
vbamatcheyecatch001
エクセルVBAで利用できる関数についてがテーマです。 今回は、データリストから必要な値や数値を取り出してくる「Match関数」について、使い方を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAでよく使うワーク ...
続きを読む
vbahairetu3eyecatch
エクセルVBAで変数を利用するとき、二次元配列変数を知っていれば何かと便利なことがあります。 今回はそんな配列変数をより実際に近い例題で説明していきます。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAのプログラムでは、 ...
続きを読む
vbahairetu2eyecatch
エクセルVBAで配列を利用する時、それに関わる関数やステートメントを利用すれば、 より簡潔にコードを作成することが出来ます。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBA 配列を扱うときに利用できる関数とステートメント ...
続きを読む
vbahairetueyecatch
エクセルVBAで変数を利用するとき、複数の同じ型で変数を設定したいときがあります。 そんな時、出番となるのが配列変数ということです。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAの1次元配列変数の使い方を説明します。 ...
続きを読む
vbabuttoneyecatch
エクセルVBAのプログラムを実行するのに、ワークシート上に設置したボタンのクリックでワンポチっとで行いたい。 そんなボタンの簡単設置方法を紹介します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAで、シートにマクロ(プ ...
続きを読む
vbasumeyecatch
エクセルVBAで、羅列された数値の集計作業をパパッと熟していきたいときがありますよね。 それを簡単に行える方法としてSUM関数があります。今回はこのSUM関数の使い方についてです。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセ ...
続きを読む
vbainputboxeyecatch
エクセルVBAのプログラムで、利用者からの入力データを取り込んでコードを実行していくことがあります。 その簡潔な方法としてInputBoxがあります。今回はこのInputBoxの使い方についてです。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa3 ...
続きを読む
vbalastcelleyecatch
エクセルVBAのプログラム作成で、入力データをその都度蓄積していく場合など、 既にデータの入っている最終セルの位置を調べたいという時が多くあります。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAのコード組み立てで、デー ...
続きを読む
vbawithstateeyecatch
エクセルVBAのコードの組み立てでは、視認性や可読性を上げるためにできるだけ記述を簡潔にしたいところです。 Withステートメントは、そういったコード記述を簡潔にする役割があります。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エク ...
続きを読む
vbacleareyecatch
エクセルVBAでシートを再利用するために、一度内容すべてをクリアしたい時があります。 普通は、Clearメソッドを使ってクリア操作を行いますが・・・ こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAを組み上げる中で、シート ...
続きを読む
vbaoffseteyecatch
エクセルVBAで、セルやセルの選択範囲を移動させるのにOffsetプロパティがあります。 今回の「VBA最速で理解」は、この便利な「Offsetプロパティ」の使い方について説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エ ...
続きを読む
vbanameeyecatch
エクセルVBAで、アクティブセル、アクティブシート、アクティブブックという「現在参照中の・・・」というオブジェクトがあります。 今回の「VBA最速で理解」は、この「ActiveWorkbook」「ActiveSheet」「ActiveCel ...
続きを読む
vbaselacteyecatch
エクセルVBAで、そのコードを実行する先のオブジェクトに、フォーカスするためのメソッドに、「Select」と「Activate」があります。 今回は、このよく似た「Select」と「Activate」について説明します。 こんにちは、じゅん ...
続きを読む
vbavbekidoeyecatch
エクセルVBAを始めようとしたときに一番最初に戸惑うのが、「どうしたらVBAコードを書く表示画面になるのか?」だと思います。 今回は、この「どうしたら、その画面になるんだろう?」についての方法を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@ju ...
続きを読む
vbamsgboxeyecatch
エクセルVBAでユーザーフォームを使わなくても、簡単なユーザーとのやり取りならメッセージボックスでも可能です。 今回は、この「ユーザーへのメッセージや選択肢を提示する」ユーザーフォームについての説明をします。 こんにちは、じゅんぱ店長(@j ...
続きを読む
vbadoloopeyecatch
以前の記事でも書いたように、エクセルを使った業務で、「ループの処理」コードは重要な実行処理部分です。 今回は、このもう一つの「ループの処理」である「実行回数が限定されないループ処理」を行うコードについて説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長 ...
続きを読む
vbafoldereyecatch
エクセルを使った業務で、「作成したファイルの保存」は作業の最後に必ず必要な部分です。 今回は、この「作成したファイルの保存」を行うための重要部分。保存先フォルダをVBAで指定する方法を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33 ...
続きを読む
vbasengeneyecatch
エクセルVBAのコード組み立てで使う変数。「この変数を使いますよ!」というのが「変数の宣言」です。 今回は、この変数の宣言についてです。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBA のコード組立ての中で、変数の宣言は ...
続きを読む
vbaifjyokeneyecatch
エクセルVBAのコード組み立てで最も必要な、最もよく使うメソッドの1つで「If~Then~Else」があります。 今回はこの「If~Then~Else」メソッドについて設定条件の絞り方のポイントを説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@j ...
続きを読む
VBACopyeyecatch
エクセルVBAのコード組み立てで、よく使うメソッドの1つで「Copy」メソッドがあります。 今回はこの「Copy」メソッドの使い方を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルVBAで、ワークシートのコピーをを ...
続きを読む
VBAGotoeyecatch001
エクセルVBAのコードで、Gotoステートメントは嫌われ系のグループにはいっています。 それでも、GotoがあるのでVBAコード組み立てがスムーズに、楽に、なる事も多いと言うのも事実です。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 ...
続きを読む
fornextirekoeyecatch
エクセルVBAのコード組み立てで、非常によく使うステートメントの一つにFor~Nextでのループ処理があります。 今回はこのFor~Nextステートメントの使い方を説明します。 こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。 エクセルV ...
続きを読む

 

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。