文字の書式の設定方法 Fontプロパティで装飾操作ができる

vbafontsyseyecatcha

エクセルで作成する書類の見栄えをよくするために必要な文字装飾操作。
エクセルVBAで、視的良質書面を作るには、Fontプロパティを使うのが必須項目です。

 

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

エクセルを使いだして、セルという「マス」に文字を打ち込んで、みなさんが共通して思うことがあります。

この「マス」に文字が入りきらないよ!
ワードだと、こんな面倒なことは起こらないのに!

そんな時、解決策として、セルの幅を広げたり、文字の大きさを変えたりされるでしょう。
セルの書式設定を使えば色々と入力文字のスタイルを変化させることができます。

エクセルVBAでは、この文字のスタイル変更をさせるのが、

Fontプロパティ、Fontオブジェクトと言うことになります。

 

セル入力の文字設定 Fontプロパティって?

 

「フォントオブジェクト」だけでなく「フォントプロパティ」という言葉もあります。

「Fontオブジェクト」という言葉と、「Fontプロパティ」という言い方は、どっちが正しいのですか?

悩める君

じゅんぱ店長

オブジェクトとは

Google翻訳では、Objectとは「物体」「対象」「物」と表示されます。

つまり、「それ、そのもの」 Fontオブジェクトは、Fontの「それ、そのもの」を指しています。

プロパティとは

Google翻訳では、propertyとは「財産」「性」「性質」と表示されます。

つまり、「こいつは、こういうやつ」 Fontプロパティは、Fontの持っている「性格はこんなやつ」と言うことです。

 

Fontプロパティを解説します

 

先ほどの言葉で言うと、Fontの持っている性格はこんなやつです。

  • 名前を変更できるやつ
  • フォントスタイルを変更できるやつ
  • 大きさを変えれるやつ
  • 取り消し線を使えるやつ
  • etc などなど

色々とたくさんのプロパティが準備されています。

利用頻度的には特定のプロパティに偏ってくると思いますが、必要度に応じて覚えていきましょう。

 

使い方は、

オブジェクト名.プロパティ名 = 定数(設定値)  と記述します。

 

Fontプロパティの主なもの

エクセルのバージョンアップに伴なっての、新Fontプロパティ追加ということが時々あります。

プロパティ名 内容 解説
Name フォント名を表す文字列
FontStyle フォント スタイル指定 標準・斜体・太字・太字斜体のいずれか
Bold 太字 ON・OFFのスイッチングはTrue、False
Italic 斜体 ON・OFFのスイッチングはTrue、False
Size フォントのサイズ指定 フォントサイズを数値で表す。
Underline 下線の指定 数値(定数)で指定
Color フォントの色 RGB値を表す数値、色定数またはRGB関数
ThemeColor 配色のテーマ カラー フォント色を10種類のテーマ色で表示
ColorIndex フォントの色 フォント色をインデックス番号で表示
Strikethrough 水平な取り消し線 ON・OFFのスイッチングはTrue、False
Superscript 上付き文字 ON・OFFのスイッチングはTrue、False
Subscript 下付き文字 ON・OFFのスイッチングはTrue、False

 

FontStyleプロパティ

FontStyleを使って文字に変更を加える場合です。

BoldとItalicは、FontStyleを利用しなくても同じ効果を得ることが出来ます。(例題参照)

プロパティ 定数 解説
FontStyle. “標準” 標準(デフォルト)スイッチングはFalse
Bold 又は ”太字” 太字 ON・OFFのスイッチングはTrue、False
Italic 又は ”斜体” 斜体 ON・OFFのスイッチングはTrue、False
Bold Italic 又は ”太字 斜体” 太字斜体 ON・OFFのスイッチングはTrue、False

Underlineプロパティ

Underlineを使って文字に変更を加える場合です。

プロパティ 定数 解説
Underline. xlUnderlineStyleNone なし
xlUnderlineStyleSingle 下線
xlUnderlineStyleDouble 二重下線
xlUnderlineStyleSingleAccounting 下線(会計)
xlUnderlineStyleDoubleAccounting 二重下線(会計)

 

Colorプロパティの色の指定方法

色定数とRGB関数

Font.Color = 色定数 または Font.Color = RGB(R値, B値, G値)

指定色 定数 RGB(R値, B値, G値)
vbBlack 0,0,0
vbRed 255,0,0
vbGreen 0,255,0
vbYellow 255,255,0
vbBlue/td> 0,0,255
マゼンタ vbMagenta 255,0,255
シアン vbCyan 0,255,255
vbWhite 255,255,255

 

Colorプロパティを使う場合は、色定数またはRGB関数を利用します。
(逆に言うと色定数やRGB関数を使いたい時はColorプロパティを利用することになります。)

 

ColorIndexプロパティの色指定方法

 

Excelに装備されている「色パレット」の色番号で指定します。

vbafontsys001

1 53 52 51 49 11 55 56
9 46 12 10 14 5 47 16
3 45 43 50 42 41 13 48
7 44 6 4 8 33 54 15
38 40 36 35 34 37 39 2
17 18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31 32

色指定の解除は、xlAutomatic を指定します。

 

入力文字を装飾操作するためのコードを使ってみる

 

例題のコードとして、セルB3とB4に入力された文字を

  • フォント名を変更
  • 太字に変更
  • 文字サイズを15にする
  • 文字色を青に
  • 下線の会計にする

に変更してみます。

5項目も同時に変更するコードを作ると何かコチャゴチャしそうです。

複数の変更を行う場合、Withステートメントを使うことで、複数のプロパティを並べてコードをスッキリさせることが出来ます。

vbawithstateeyecatchWith~End Withの使い方。VBAコードを簡潔に記述する

vbafontsys002

矢印下001

vbafontsys003

Sub fontset()

    With Range("B3:B4").Font
        .Name = "メイリオ"
        .Bold = True
        .Size = 15
        .Color = RGB(0, 0, 255)
        .Underline = xlUnderlineStyleSingleAccounting
    End With

End Sub

 

文字の書式設定のまとめ

 

入力文字の設定や装飾は、エクセルを使った資料やデータを作成する時には非常に重要です。

資料の仕上がりの見栄えで、しっかり読んでもらえるかどうかにもかかわってきます。

その見栄えに大きくかかわってくるのが、このFontというプロパティなのです。

ここは、丸暗記は決して必要ではありませんが、使い方はしっかり覚えておきましょう。

 

エクセルVBAを独学で学ぶための参考記事

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。

vbastudyeyecatch002 エクセルVBAを独学で習得する!ために大切な7つのポイントを解説します

 

エクセルVBAの独習には動画学習という方法もあります。 目と耳両方を使って学習することでさらに勉強効率を上げることもできると思います

Udemy1eyecatch エクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。

 

改訂新版 てっとり早く確実にマスターできるExcel VBAの教科書
定番参考書の改定新版が、動画付きになりもっと分かり易くなった
vbastudy022a
vbastudy023a

電子書籍版「改訂新版 てっとり早く確実にマスターできるExcel VBAの教科書」をamazonで見てみる

(著者)大村あつし
(出版社)技術評論社
(税込価格)2,508円(本体2,280円+税)

30冊を超えるExcelのマクロやVBAの解説書を執筆してきた著者による考え抜かれた本書の内容と構成。
独創的な解説手法で必ずExcel VBAが理解できます!
初級からの参考書ですが、より実践的切り口での解説をしています。
QRコードから操作の流れを動画(無音です)で確認することもできるようになりました。
文章解説と動画との関係性は、主は文章での解説、サポートが動画になります。

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。