データを取得するエクセルVBAをリセット、連続使用のためのコード

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

今回の内容は、次の利用のための「シートをクリア、リセットする」VBAコードについてです。

今回で、この「データを収集するエクセルVBAソフト」は完成です。

 

一つの作業終了で、ALLクリア・リセットを行ってもいいのですが、

抽出条件だけを変更して再抽出をしたい時もあるかと思います。

と、言うことで、今回はクリア作業を2段階で行えるようにしています。

 

全自動で1ボタンクリックではなく、「ステップ処理が出来る」ようにしておくことの方が、「実務的には便利」ということも多くあります。

 

その前にもう一度、先回の記事をチェックするにはこちら↓になります。

指定条件で複数のファイルからデータを取得するエクセルVBAコード

 

データを取得するエクセルVBAのリセットの考え方

 

このデータを取得するVBAコードは、ファイルの中のシートやセルを自由に指定することが出来ますが、

唯一、フォルダーを複数指定することはできない設定です。

そこで、抽出条件そのままで、フォルダーを再指定できるようなリセットの方法を考えます。

 

これを出来るようにするために、

一度にすべてをクリア、リセットするのではなく、「設定」シートと「抽出シート」での処理を分けて考えることにします。

 

連続使用のためのリセットコード

 

 

今回の作業は「設定」シートの「抽出リストクリア」と「抽出条件クリア」ボタンで操作するプロシージャーを作成します。

VBAコードは今まで作成しているモジュールに追記してください。

detasyuu007aa

 

「抽出シート」をクリアしてリセットするVBAコード

 

「抽出シート」だけをクリアすると、再度「抽出実行」ボタンを押して ”先に使用した同じ抽出条件” で、

新しい(資料となるファイルの保存先)フォルダーを指定してデータ取得を続けることが出来ます。

 

ここでのVBAコードは、抽出したデータをクリアするだけではなく、各セルサイズ、文字サイズなどもリセットします。

プロシージャー名を「抽出リストCL()」としています。

Sub 抽出リストCL()

 

Workbooks(“データ収集.xlsm”).Activate
Worksheets(“抽出リスト”).Select
  With Cells
    .ClearFormats
    .ClearContents
    .UseStandardHeight = True
    .UseStandardWidth = True
  End With
Worksheets(“設定”).Select

 

End Sub

 

MEMO

With ~ End With の使い方についてはこちらを参考にしてください。

With~End Withの使い方。VBAコードを簡潔に記述する

シートのクリアについてはこちらの記事を参考にしてください。

エクセルVBA シートのクリアーを目的のメソッド別に最速理解

 

「設定」シートをクリアしてリセットするVBAコード

 

「設定」シートをクリアしてリセットします。

抽出条件をクリアしますので、初期状態で使用する用になります。(この時は「抽出リストクリア」も実行しておきます。)

 

プロシージャー名を「設定条件CL()」としています。

Sub 設定条件CL()

 

Workbooks(“データ収集.xlsm”).Activate
Worksheets(“設定”).Select
  With Cells
    .ClearFormats
    .ClearContents
    .UseStandardHeight = True
    .UseStandardWidth = True
  End With

 

End Sub

 

モジュールに記述します

 

detasyuu008aa

 

作動ボタンの設置

 

「設定」シートに「抽出リストクリア」ボタンと「抽出条件クリア」ボタンを設置します。

このボタンに紐づけるプロシージャーは

「抽出リストクリア」ボタンは「抽出リストCL()」になります。

「抽出条件クリア」ボタンは「設定条件CL()」になります。

 

設置方法の確認は、こちら↓です。

プロシージャー実行のボタンを設置する

 

ここまでのまとめ

 

今回、クリアとリセットのVBAコードのモジュールへの記述を完了しました。

これで、「複数ファイルからデータ収集を行うエクセルVBAソフト」は完成です。

これによって、少しでも作業効率を上げることが出来れば良いかなと思っています。

 

次回の記事は、このソフトを取説形式で説明していきたいと思います。

 

次の記事に進むにはこちら↓になります。

無料DL「複数エクセルファイルのデータ収集VBA」使用方法を説明

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。
エクセルVBAを独学で習得するためのポイントは?良書との出会いは重要

 

エクセルVBAの独習には動画学習という方法もあります。 目と耳両方を使って学習することでさらに勉強効率を上げることもできると思います。
エクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。

 

複数ファイルデータ収集VBAの関連記事はこちらです。

「複数ファイルデータ収集VBA」の記事一覧を開く

 

エクセルVBAを使って業務効率を上げて行くのに、始めのうちに知っておきたいテーマを纏めてみました。

「VBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

 

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。