無料DL!エクセルシートの非表示ソフト。VBAで簡単ボタン操作

sheeethiddeneyecatch001

無料ダウンロードできます。エクセルシートを非表示に変更するソフト。

VBAコードで「ボタンのONとOFF」で行います。使用中エクセルBOOKに移植でも使えます。

 

今回はエクセルVBAソフトのプチなバージョンです。

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

エクセルで資料作りをしていると、必ず思ってしまう表示技法です。

見せたくないけど必要な内輪のシート。作業シート、計算シート、名簿シートなど必ずあると思います。

今回はこれを見えなくしてしまいましょう。

 

エクセルシートの非表示ソフトはこれです

 

この小さなユーザーフォームで、シートの表示・非表示機能のほぼ全てをこなします。

今あるエクセルBOOKにも導入して使えます。

 

sheethidden003

 

非表示ソフトのコンセプトです

 

  • 導入後から、新たに資料を作っていくテンプレ系のソフトではなく、それぞれが今作っているエクセルBOOKの中で、使うことのできるツールとなるようなものを考えます。
  • 言うまでもなく当然のことですが、それぞれエクセルの作り手側で、そのエクセルBOOK内のシート名は多種多様です。その種々のシート名に対応します。
  • シート名タブの右クリックメニューで、「非表示解除できるタイプと出来ないタイプ」の2種類の強度があります。それにも対応します。
  • ユーザーフォームをユーザーインターフェースとします。またVBAコードの記述はフォームモジュールのみとします。
  • このソフト用のために、新たなシート、標準モジュールシートを消費しません
  • ユーザーフォームの表示スイッチとなるコードは、ワークブックオープンとシートのアクティブイベントで動くようにセットします。

 

ソフトのダウンロードはこちら

先回の記事で

この「エクセルシートの非表示ソフト」をダウンロードするのはこちらになります。

 

こちら↓でダウンロードすることが出来ます。

 

ただし、こちらの方はVBAコードを保護していますので、使う側でのVBAコードのカスタマイズを行うことはできません。

(今回は、VBAコードの移植のため、コードを保護しても実はあまり意味はありませんが・・・)

 

ここの記事説明とダウンロードしたソフトで、早々に利用していただくことが出来ます。

 

“エクセルシート非表示ソフト” をダウンロード Sheethidden.zip – 2492 回のダウンロード – 30 KB

 

このソフトはご自分で業務でお使いいただくのはフリーですが、

転載や転売については許可しておりませんので、ご使用にならないよう固くお断りいたします。

ダウンロードで解凍した中身はこのようになっています。

sheethidden001

 

  1. シート非表示.xlsm」はVBAコードが入ったエクセルBOOK本体です。(コード保護あり)
  2. シート表示.frm」と「シート表示.frx」はユーザーフォームのコードデータになります。
  3. Sheet1.cls」はSheet1をアクティブにしたときにイベントを起こす ”ユーザーフォームの表示スイッチのコード” になります。
  4. ThisWorkbook.cls」は導入したエクセルBOOKを起動したときにイベントを起こす ”ユーザーフォームの表示スイッチのコード” になります。

 

1.シート非表示.xlsm

導入するエクセルBOOKがあるときは使いません。これから始める場合にBOOK名をリネームして使ってください。

 

2.シート表示.frmとシート表示.frx

導入するファイルになります。

導入についてはVBE(ビジュアルベーシックエディター)のプロジェクトエクスプローラーに表示されている「プロジェクト名(BOOK名)」で右クリックのメニューから「ファイルのインポート」をクリックして選択します。

sheethidden002

 

3.Sheet1.cls

ユーザーフォームを表示するスイッチコードをSheet1に記述しました。

これを、2.と同様にエクセルBOOKに導入すると、そこに元々あるSheet1と区別するためにこの「Sheet1.cls」は自動リネームされます。

表示アイコンでも他とは区別されていますので、導入したファイルを見つけ出して、表示スイッチとしたいご自分のSheetに中身のコードを張り付けてください。

貼り付け後は、もう不要ですので、導入ファイル「Sheet1.cls」は削除いただいて結構です。

 

4.ThisWorkbook.cls

3.の「Sheet1.cls」の場合と同様に導入してください。導入したご自分の「ThisWorkbook」にこのコードを張り付けてください。

貼り付け後は、もう不要ですので、導入ファイル「ThisWorkbook.cls」は削除いただいて結構です。

 

注意

「エクセルシートの非表示ソフト」を導入したいエクセルBOOKに関して、注意事項があります。

もし、そのエクセルBOOKで「エクセルマクロ有効」の設定になっていなければ、それを有効にしていただく必要があります。

つまり、エクセルの拡張子が.xlsxの場合は、名前を付けて保存で「マクロ有効ブック.xlsm」を選択し、同名でエクセルBOOKを再保存してください。

 

ソフト導入のまとめ

 

それ程難しくなく「エクセルシートの非表示ソフト」の導入が出来たのではないかと思います。

この導入方法は、他にも「ちょっとあのエクセルのVBAをこっちのエクセルBOOKに使いたい」といった時の移転ワザになる場合もあります。

が、

今回のように意識的にVBAを組み上げていないと不可能なことが多いですので、移転の他ケースではあまりお勧めはしません。

 

最後に、導入作業完了後に、ユーザーフォームがしっかり表示されるか確認をして終了です。

 

次回は、この「エクセルシートの非表示ソフト」の使い方を説明したいと思います。

次の記事に進むのはこちら↓になります。

sheethiddeneyecatch002取説!シート非表示VBAソフトの使い方を解説します。スキルで時短

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。

vbastudyeyecatch2エクセルVBAの独習でおすすめ参考書を7冊選ぶ。良書との出会いは大切です

 

プチなVBAコードシリーズは他にこのようなもの↓があります。よろしければ参考にどうぞ!

「プチなVBAコード」の記事一覧を開く

 

業務効率を上げて行くのにエクセルVBAを使いだして、始めのうちに知っておきたいテーマを纏めてみました。

「エクセルVBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

 

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません