エクセルVBAマルチページ作成。秘密鍵コードで非表示化!

multipageeyecatch

今回は知識編、マルチページの設置方法です。

ユーザーフォームはマルチページでデザイン数も広がります。

使ってみる前は難しく思えますが、設置は至って簡単!非表示化で秘密コマンドも作れます。

 

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

エクセルVBAで使って便利なのが、ユーザーフォーム

そのユーザーフォームのコントロールの中で使って便利なのが、「マルチページ」です。

結構 そのように思われている方も多いのではないでしょうか。

 

と、言うことで、今回は、「マルチページ」の設置の方法についてまず最初に、基本部分を説明したします。

 

マルチページを設置した実例はこちら↓でご覧になります。

無料DL!封筒に宛名印刷できるエクセルソフトと使い方。時短ツール

 

エクセルで領収書、ユーザーフォームのVBAで印刷をコントロール

 

プチなVBAコード記事シリーズは他にもこのようなものがあります。

「プチなVBAコード」の記事一覧を開く

 

エクセルVBAマルチページを始めから作成する

 

ユーザーフォームにマルチページを配置

 

ツールボックスからマルチページを選ぶ

コントロールから「マルチページ」を選択し、ユーザーフォーム上で展開します。

multi001

 

Captionプロパティからページ表示を変更する

プロパティリストの中でCaptionの項目を「Page1」から「その1」に変更します。

ここは、各ページタブの名称を変更・決定する部分です。適宜変更することが出来ます。

multi002

 

新しいページを追加する

マルチページをアクティブ(マウスで左クリック)します。

次に、タブの上で右クリックして「新しいページ」を選択します。

multi003

 

ページのタブ順を変更するには

タブのところで右クリックすると表示されるメニューから「移動」を選択する。

multi008

 

表示された「ページの順序」で変更できます。

multi009

 

マルチページにコマンドボタンを置く

 

「その1」ページにコントロールを設置する

「その1」ページにコマンドボタンを置きます。いつも通りにツールボックスから選んで「その1」に設置します。

multi004

「その2」ページにも設置する

同じように「その2」ページを選択表示したときには、「その1」ページのコマンドボタンは背後に回って表示されません。

multi005

 

 

同様に「その2」ページにもコマンドボタンを置きます。

multi006

 

ユーザーフォーム1モジュールでコマンドボタンのコードを確認

ユーザーフォーム1のモジュールを確認すると、設置ページなどの区別なく、シンプルにコントロール毎に表記されている。

multi007

マルチページ1のプロパティ「Style」を変更してみる

 

「0-fmTabStyleTabs」

デフォルトの設定です。

multi011 multi012

 

「1-fmTabStyleButtons」

タブがトグルボタン式に際立って表示されます。

multi010 multi013

 

「2-fmTabOrientationTop」

トップページの表示だけ残り、マルチページそのものをアンビジブルにします。

multi014 multi015

 

秘密鍵コードで非表示化

 

作成の流れ

 

  1. ユーザーフォームにマルチページを設置。
  2. 隠しページに隠したいコントロールを設置
  3. TOPページに表示して良いコントロールを設置
  4. 「秘密鍵」を実行するスイッチをユーザーフォームに設置
  5. ユーザーフォームモジュールに、マルチページの「Style」プロパティを操作するコードを記入

 

それぞれのコントロールを設置する

1・2・3の設置

「Page1」はTOPページとしてマルチページのステルス後にも見える部分になります。

multi016

 

「Page2」以降は秘密鍵による隠しページになります。

multi017

 

4の設置

簡単には、コマンドボタンやトグルボタンを設置すればよいのですが、あまり「秘密の意味」がなくなってしまいますので、

ちょっとした「これかぁ~」というようなものを設置したいと思います。ちょっと遊び気分で作りましょう。

分かり易い例でいえば、

「今日の天気」というCaptionのフレームに、「晴れ」・「曇り」・「雨」・「台風」のオプションボタンを設置します。

特定の天気を選択したあと、黄色のラベルをクリックするとマルチページのStyleプロパティを切り替えるスイッチが入ります。

multi018

 

コントロールの設置方法は、ツールボックスよりコントロールを選択して行ってください。

「黄色のラベル」はユーザーフォームのベース色と同色にすると場所の所在が消えますので、より秘密のスイッチ的になります。

 

ユーザーフォームモジュールでのコード作成

 

「曇り」を選択して「黄色ラベル(この場合Label3)」をクリックするとマルチページがアンビジブルになります。

「雨」を選択して「黄色ラベル(この場合Label3)」をクリックするとマルチページがビジブルになります。

Private Sub Label3_Click()

 

 If OptionButton2 = True Then
  With MultiPage1
    .page2.Visible = False
    .Style = 2
  End With
 ElseIf OptionButton3 = True Then
  With MultiPage1
    .page2.Visible = True
    .Style = 1
  End With
 Else
  Exit Sub
 End If

 

End Sub

 

multi019

 

マルチページの設置 まとめ

 

VBAのユーザーフォームというと結構難しく考える人も多いかと思いますが、

このマルチページを取ってみても、説明しましたように、結構簡単に設置することが出来ました。

さらに、ちょっとプロパティを変化させれば、こういった隠しページも作る事が出来ました。

 

いつも、ビジネス色が強いエクセルVBAですが、楽しみながら作業が出来れば、また気分も違ったことになるのではと思うこの頃です。

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。
エクセルVBAを独学で習得するためのポイントは?良書との出会いは重要

 

エクセルVBAの独習には動画学習という方法もあります。 目と耳両方を使って学習することでさらに勉強効率を上げることもできると思います。
エクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。

 

改訂新版 てっとり早く確実にマスターできるExcel VBAの教科書
定番参考書の改定新版が、動画付きになりもっと分かり易くなった
vbastudy022a
vbastudy023a

電子書籍版「改訂新版 てっとり早く確実にマスターできるExcel VBAの教科書」をamazonで見てみる

(著者)大村あつし
(出版社)技術評論社
(税込価格)2,508円(本体2,280円+税)

30冊を超えるExcelのマクロやVBAの解説書を執筆してきた著者による考え抜かれた本書の内容と構成。
独創的な解説手法で必ずExcel VBAが理解できます!
初級からの参考書ですが、より実践的切り口での解説をしています。
QRコードから操作の流れを動画(無音です)で確認することもできるようになりました。
文章解説と動画との関係性は、主は文章での解説、サポートが動画になります。

 

エクセルVBAを使って業務効率を上げて行くのに、始めのうちに知っておきたい内容を纏めています。

「VBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

 

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません