書籍の注文書テンプレートを作成。そのままでもFAXやメールで利用可能です。

tyutempeyecatchb

こんにちはじゅんぱ(@junpa33)です。

前記事の続きで、今回はFAX注文用のテンプレートを作成します。

前回作成のエクセルBOOK「FAX注文書作成.xlsm」とは別にもう1つ新しくBOOKを作成します。

 

FAX注文書作成の関連の記事はこちらになります。

「FAX発注書作成」の記事一覧を開く

 

書籍の注文書テンプレート作成。新しいエクセルBOOKを開く

 

初期設定については前回と同様です。

 

念のため、確認は 領収書作成の「エクセルの初期設定 準備作業をします」の記事でお願いします。

それでは進めていきます。

 

注文書のブック名とシート名を付ける

 

こちらも以前に行ったことと同じ方法になります。

 

ブック名は「FAX注文書テンプレート.xlsm」

シート名は「Sheet3」を「テンプレート」としてください。

前回記事の「Sheet2(シート)名の変更」ででご確認ください。

この様になります。

 

セル幅を変更してテンプレートを完成させる

 

シートの「テンプレート」を開いてください。

 

印刷時の余白設定をする

 

ページ設定を開いてください。

この様に”印刷の向き”・”用紙サイズ”・”余白のサイズ”をそれぞれ指定をしてください。

 

tyutemp002-003aa

 

行と列の幅を設定します

 

テンプレートのデータ入力スペースを作っていきます。

 

列について

  • A列からX列まで 39ピクセル
  • Y列 12ピクセル
  • Z列とAA列 20ピクセル
  • AB列からAE列 39ピクセル

としてください。

 

行について

  • 1行目・3行目から6行目・8行目・12行目・14行目を 25ピクセル
  • 2行目を 110ピクセル
  • 7行目・9行目を 140ピクセル
  • 10行目・11行目・13行目・15行目を 40ピクセル

としてください。

 

そして セルE1からセルX15までを掴んで

セルに罫線を引きます。一番薄い破線でいいかと思います。

 

ここまではこんな感じになります。

tyutemp004aa

 

セルを結合し入力項目名をタイプします

 

セルの結合方法を確認したい場合は、

先記事「セルを結合します」をご覧ください。

 

体裁をこのようにしてください。

  1.  セルE1からH1を結合 「FAX専用」とタイピング
  2.  セルE2らH2を結合 (番線印スペースです)
  3.  セルE3 「部数」とタイピング
  4. セルF3とG3を結合 (注文数スペース)
  5. セルH3 「冊」とタイピング
  6. セルE4からH4を結合 「ISBN」とタイプ
  7. セルE5からH5を結合 (ISBNスペース)
  8. セルE6 「摘要」とタイプ
  9. セルF6とG6を結合 「書名」とタイプ
  10. セルH6 「発行所」とタイプ
  11. セルE7・8・9・10を結合 「品切・未刊 ・出来予定  月  日     保留不可・重版予定無」とタイプ
  12. セルF7からG9を結合 (書名スペース)
  13. セルH8 「著者」とタイプ
  14. セルH9と10を結合 (著者スペース)
  15. セルF10 「回」とタイプ
  16. セルG10 「巻」とタイプ
  17. セルE11 「本体価格」とタイプ
  18. セルF11からH11を結合 (本体価格スペース)
  19. セルE12 「注文日」とタイプ
  20. セルF12からH12を結合 (注文日スペース)
  21. セルE13と14を結合 「来店配達通知」とタイプ
  22. セルF13とG13を結合 (客注名スペース)
  23. セルH13 「様」とタイプ
  24. セルF14 「TEL」とタイプ
  25. セルG14とH14を結合 (電話番号スペース)
  26. セルE15とF15を結合 (注文番号スペース)
  27. セルG15 「扱者」とタイプ

 

この作業をした部分 セルE1からH15を掴んで枠線を描きます。

 

この様になります。

tyutemp005aa

 

同様にこれと同じものをあと4つ作ります。

コピペで列のE列F列G列H列を掴んで右クリックコピー、I列を掴んで右クリックペースト

これで同じものが隣にペーストされます。

同様にあと3回繰り返せばOKです。

 

この様になります。

tyutemp006aa

 

 

テンプレートを完成させます

 

セルを結合します。

一部結合したセルに文章を挿入します。

  1. セルAE2からセルAE6を結合 「FAX注文書」とタイプ
  2. セルAD2からセルAD9を結合 (FAX送付先スペース)
  3. セルAB1からセルAB9を結合 「お世話になります。下記書籍発注いたします。宜しくお願いいたします。」とタイプ
  4. セルAD10からセルAD15を結合 (自店名1スペース)
  5. セルAC10からセルAC15を結合 (自店名2スペース)
  6. セルAB10からセルAB15を結合 (住所スペース)
  7. セルAA10からセルAA15を結合 (電話番号スペース)
  8. セルZ10からセルZ15を結合 (FAX番号スペース)
  9. セルC1からC15を結合 「品切中や重版予定ありの場合は、注文保留にてお願いいたします。」とタイプ
  10. セルB1からB15を結合 「未刊の場合は、発注予約としてお願いいたします。」とタイプ
  11. セルA1からA11を結合 「令和  年  月  日( )搬入予定 搬入日をお知らせください。」とタイプ
  12. セルA12からセルA15を結合 (相手先FAX番号スペース)

 

列で縦に結合したセルに横書きの文章を表示するには

”ホームタブ”の”配置”グループで”方向ボタン”で操作指定してください。

tyutemp007a

 

これでテンプレートの作成は完了です。

このままでもFAXやメールで使えます。ここまでのまとめ

 

今回はテンプレートを仕上げました。

セルを直接操作して注文書テンプレートを仕上げました。少々の力業でした。

VBAコードだけで作成もできますが、今回は目視で仕上がりを順に確認できる方法を取りました。

 

次回からはこのテンプレートに注文する書籍情報が自動挿入されるように設定していきます。

 

また、手書き手打ちで使う場合はこのままでも利用いただけます適宜ご利用ください。

 

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。
エクセルVBAの独習でおすすめ参考書を7冊選ぶ。良書との出会いは大切です

 

エクセルVBAの独習には動画学習という方法もあります。 目と耳両方を使って学習することでさらに勉強効率を上げることもできると思います。
エクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。

 

改訂新版 てっとり早く確実にマスターできるExcel VBAの教科書
定番参考書の改定新版が、動画付きになりもっと分かり易くなった
vbastudy022a
vbastudy023a

電子書籍版「改訂新版 てっとり早く確実にマスターできるExcel VBAの教科書」をamazonで見てみる

(著者)大村あつし
(出版社)技術評論社
(税込価格)2,508円(本体2,280円+税)

30冊を超えるExcelのマクロやVBAの解説書を執筆してきた著者による考え抜かれた本書の内容と構成。
独創的な解説手法で必ずExcel VBAが理解できます!
初級からの参考書ですが、より実践的切り口での解説をしています。
QRコードから操作の流れを動画(無音です)で確認することもできるようになりました。
文章解説と動画との関係性は、主は文章での解説、サポートが動画になります。

 

エクセルVBAを使って業務効率を上げて行くのに、始めのうちに知っておきたい内容を纏めています。

「VBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。