封筒に差出人を簡単に印刷する。VBAコードはタテ印刷ヨコ印刷に対応。

fuutosasidasieyecatch

今回の封筒宛名印刷エクセルは、差出人印刷についてです。

特徴は、サイズにわせて縦印刷と横印刷に対応し、また差出人を変更することもできます。

SHOP名で、個人で、ニックネームで出すときなどにも使えます。

 

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

まず先回の記事を確認されたいという場合は、こちら↓になります。

印刷の範囲をアクティブセルのRangeオブジェクト利用で指定する。

 

簡単に利用するには、こちらをご覧ください。

このエクセルソフト完成品を無料でダウンロードするにはこちら↓の記事からです。

無料DL!封筒宛名印刷エクセルソフト ダウンロードと取り扱い説明。

 

封筒宛名印刷についての記事はこちらです。

「封筒宛名印刷」の記事一覧を開く

 

差出人印刷のエクセルVBAコード設定の方法

 

「差出人ページ」はこのようになります。

fuutosasidasi001

 

  • マルチページを増やして「差出人」ページ(タブ)を作ります。
  • 「差出人」ページに情報入力用にテキストボックスを配置します。
  • 「差出人」ページにコマンドボタンを配置します。
  • ユーザーフォームモジュールにコントロールのイベントコードを記述します。
  • Module2にコマンドボタンから呼び出すプロシージャーを記述します。

 

今回の作成のポイントは、
この差出人印刷の特徴は、封筒サイズに合わせた縦印刷と横印刷の両対応。
差出人を登録すれば、その差出人を変更できるということです。
例えば、SHOP名で差し出す場合、個人で差し出す場合、ニックネームで差し出す場合などにも利用することが出来ます。

 

  1. 「差出名リスト」シートを作成します。最初の登録をスタートとして、差出人名の履歴が積みあがっていくようにします。
  2. 印刷する差出人の指定は、リストの差出名のセルを選択(アクティブに)して行います。
  3. サイズごとの印刷位置のセッティングは変数を利用してコード作成します。

 

マルチページの「差出人」ページでコントロールを配置

 

青矢印と赤矢印が配置したコントロールです。

fuutosasidasi002a

 

コントロールを配置します

プロパティを確認してください。

テキストボックスの配置

②テキストボックス「差出人」

fuutosasidasi005

③テキストボックス「利用区分」

fuutosasidasi004

④テキストボックス「所属先名」

fuutosasidasi006

オブジェクト名 「差出名」 オブジェクト名 「差出利用区分」 オブジェクト名 「差出所属」

 

⑤テキストボックス「郵便番号」1

fuutosasidasi007

⑥テキストボックス「郵便番号」2

fuutosasidasi008

⑦テキストボックス「都道府県」

fuutosasidasi009

オブジェクト名「差出前3文字」 オブジェクト名「差出後4文字」 オブジェクト名「差出都道府県名」

 

⑧テキストボックス「市区町村」

fuutosasidasi010

⑨テキストボックス「番地」

fuutosasidasi011

⑩テキストボックス「ビル・マンション名」

fuutosasidasi012

オブジェクト名「差出市区町村名」 オブジェクト名「差出番地」 オブジェクト名「差出ビルマンション」

 

⑪テキストボックス「連絡番号」

fuutosasidasi013

オブジェクト名「差出連絡番号」

 

コマンドボタンを配置

①コマンドボタン「差出人登録」

fuutosasidasi003

⑫コマンドボタン「入力クリア」

fuutosasidasi014

⑬コマンドボタン「差出人印刷」

fuutosasidasi015

オブジェクト名「差出人登録1」
Caption「差出人登録」
オブジェクト名「差出入力クリア」
Caption「入力クリア」
オブジェクト名「差出人印刷」
Caption「差出人印刷」

 

ユーザーフォームモジュールへのイベントコード記述

①コマンドボタン「差出人登録1」

Module2の「差出リスト追加」プロシージャーを呼び出します。

Private Sub 差出人登録1_Click()
Module2.差出リスト追加
End Sub

 

⑫コマンドボタン「差出入力クリア」

入力欄のそれぞれに「 ”” (空白)」を入力します。

Private Sub 差出入力クリア_Click()

 

宛名印刷設定.差出名.Value = “”
宛名印刷設定.差出所属.Value = “”
宛名印刷設定.差出前3文字.Value = “”
宛名印刷設定.差出後4文字.Value = “”
宛名印刷設定.差出都道府県名.Value = “”
宛名印刷設定.差出市区町村名.Value = “”
宛名印刷設定.差出番地.Value = “”
宛名印刷設定.差出ビルマンション.Value = “”
宛名印刷設定.差出連絡番号.Value = “”

 

End Sub

 

⑬コマンドボタン「差出人印刷」

Module2の「差出人名印刷」プロシージャーを呼び出します。

Private Sub 差出人印刷_Click()
Module2.差出人名印刷
End Sub

VBAコード参考記事
ここの説明で出てくるVBAコードの参考にしていただける記事です。

vbacalleyecatch Callステートメントはプロシージャーの部品化に必須項目 エクセルVBA最速理解

 

Module2に差出人印刷VBAコードを記述する

 

モジュール内で共通の変数の宣言を先頭に記述します。

Public STY As Variant
Public TPnU As Double, TPnL As Double, TPnM As Double, TPnRo As Double, TPnCo As Double
Public saR As Long
Public saN, saKei, saSho, saYB, saK, saSK, saB, saBM, saRe

 

MEMO

変数の適用範囲をコントロールするするための記事はこちらを参考にしてください。

変数の宣言方法で適用範囲をコントロールするVBA記述

 

フォント設定について、フォントを「差出」シートでも独自に選択できるようにします。宣言の次にこの記述をしておきます。

Sub 差出フォント設定()

 

Worksheets(“差出”).Select
Cells.Select

 

With Selection.Font
  If 宛名印刷設定.ComboBox1.ListIndex = 0 Then
    .Name = “MS Pゴシック”
  ElseIf 宛名印刷設定.ComboBox1.ListIndex = 1 Then
    .Name = “MS P明朝”
  ElseIf 宛名印刷設定.ComboBox1.ListIndex = 2 Then
    .Name = “AR P隷書体M”
  Else
    .Name = “MS Pゴシック”
  End If
End With

 

Range(“A1”).Select

End Sub

フォントを選択しない場合は、MSPゴシックになります。

 

MEMO

With ~ End With の使い方についての記事はこちらを参考にしてください。

With~End Withの使い方。VBAコードを簡潔に記述する

 

「差出リスト追加」プロシージャー

1行目に項目が入ります。差出人を入力する毎にリストが追加されていきます。

Sub 差出リスト追加()

 

Dim SDRow As Long

 

  Workbooks(“封筒宛名印字.xlsm”).Activate
  Worksheets(“差出名リスト”).Select
    Range(“B1”) = “差出名”
    Range(“C1”) = “利用区分”
    Range(“D1”) = “所属先名”
    Range(“E1”) = “郵便番号”
    Range(“F1”) = “都道府県”
    Range(“G1”) = “市区町村”
    Range(“H1”) = “番地”
    Range(“I1”) = “ビル・マンション名”
    Range(“J1”) = “連絡番号”

  SDRow = Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row
  For s = 2 To SDRow + 1
    Range(“A” & s) = s – 1
  Next s

  If 宛名印刷設定.差出名.Value <> “” Then
    Range(“B” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出名.Value
    Range(“C” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出利用区分.Value
    Range(“D” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出所属.Value
    Range(“E” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出前3文字.Value & “-” & 宛名印刷設定.差出後4文字.Value
    Range(“F” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出都道府県名.Value
    Range(“G” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出市区町村名.Value
    Range(“H” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出番地.Value
    Range(“I” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出ビルマンション.Value
    Range(“J” & SDRow + 1) = 宛名印刷設定.差出連絡番号.Value
  Else
    Exit Sub
  End If

 

  Range(“B” & SDRow).Select

  Worksheets(“差出名リスト”).Columns.AutoFit

  Worksheets(“差出名リスト”).Select

End Sub

 

MEMO

最終行番号の取得の方法についての記事はこちらを参考にしてください。

データ入力済セルの最終行番号を取得するVBAコード

 

「差出人名印刷」プロシージャー

前半部分です。

宛名印刷の時と同様に、変数を使ってセルサイズ、フォントサイズを変化させて、各封筒サイズに適応させています。

アクティブセルの行番号をターゲットとして変数に値を代入していきます。

Sub 差出人名印刷()

 

Worksheets(“差出名リスト”).Select

saR = ActiveCell.Row

 

  saN = Range(“B” & saR).Value
  saKei = Range(“C” & saR).Value
  saSho = Range(“D” & saR).Value
  saYB = Range(“E” & saR).Value
  saK = Range(“F” & saR).Value
  saSK = Range(“G” & saR).Value
  saB = Range(“H” & saR).Value
  saBM = Range(“I” & saR).Value
  saRe = Range(“J” & saR).Value

STY = 0
TPnU = 0
TPnL = 0
TPnM = 0
TPnRo = 0
TPnCo = 0
STY = 宛名印刷設定.TP_no.Caption

 

  If STY = “TP1” Then
    If 宛名印刷設定.横書き2 = True Or 宛名印刷設定.横書き3 = True Then
      STY = “TP1y”
      TPnU = 0.7
      TPnL = 1
      TPnM = 0.87
      TPnRo = 0.6
      TPnCo = 1
    Else
      TPnU = 1
      TPnL = 0.5
      TPnM = 1
      TPnRo = 0.87
      差出縦書き
      GoTo step1
    End If

  ElseIf STY = “TP2” Then
    TPnU = 5
    TPnL = 0.5
    TPnM = 1.2
    TPnRo = 1.2
    差出縦書き
    GoTo step1

  ElseIf STY = “TP3” Then
    If 宛名印刷設定.横書き1 = True Then
      STY = “TP3y”
      TPnU = 1
      TPnL = 1
      TPnM = 1.2
      TPnRo = 1
      TPnCo = 1
    Else
      TPnU = 5
      TPnL = 0.5
      TPnM = 1.2
      TPnRo = 1.2
      差出縦書き
      GoTo step1
    End If

  ElseIf STY = “TP4” Then
    TPnU = 6
    TPnL = 1
    TPnM = 1.3
    TPnRo = 1.3
    TPnCo = 1

  ElseIf STY = “TP5” Then
    If 宛名印刷設定.サイズ表示A.Caption = “長形2号” Then
      TPnU = 5
      TPnL = 0.3
      TPnM = 1.3
      TPnRo = 1.1
      TPnCo = 0.8
    Else
      TPnU = 1
      TPnL = 1
      TPnM = 1.3
      TPnRo = 0.9
      TPnCo = 1
    End If

  ElseIf STY = “TP6” Then
    TPnU = 3
    TPnL = 0.5
    TPnM = 1
    TPnRo = 1.3
    差出縦書き
    GoTo step1

  ElseIf STY = “TP7” Then
    TPnU = 5.5
    TPnL = 2
    TPnM = 2
    TPnRo = 1.4
    TPnCo = 1

  ElseIf STY = “TP8” Then
    TPnU = 2.5
    TPnL = 2
    TPnM = 1.5
    TPnRo = 1.2
    TPnCo = 1

  ElseIf STY = “TP9” Then
    TPnU = 1
    TPnL = 1
    TPnM = 1.5
    TPnRo = 1.1
    TPnCo = 1

  ElseIf STY = “TP10” Then
    TPnU = 1
    TPnL = 1
    TPnM = 1.5
    TPnRo = 1
    TPnCo = 1
  Else
    MsgBox “封筒サイズが指定されていません。”, vbOKOnly, “メッセージ”
    Exit Sub
  End If

 

MEMO

If条件文の条件の絞り方についての記事はこちらを参考にしてください。

「If条件文」のVBAコードの組み方。条件の絞り方を最速に理解。

後半部分です。

各封筒サイズに割り振られた変数の値によって、セルの大きさ、行高さ、列幅、フォントサイズを決めています。

  With Worksheets(“差出”)
    .Cells.ClearFormats
    .Cells.ClearContents
    .Cells.UseStandardHeight = True
    .Cells.UseStandardWidth = True
    .PageSetup.CenterHorizontally = False
    .PageSetup.TopMargin = Application.CentimetersToPoints(2.5)
    .PageSetup.LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(0.25)
    .PageSetup.RightMargin = Application.CentimetersToPoints(0.5)
    .Rows.RowHeight = 24 * TPnRo
    .Columns(1).ColumnWidth = 4.5 * TPnL
    .Columns.ColumnWidth = 8.38 * TPnCo
    .Cells.Font.Size = 11 * TPnM
    .Cells.ShrinkToFit = True
    .Rows(1).RowHeight = 24 * TPnU
    .Range(“B19”).Value = saYB
    .Range(“B20”).Value = saK & saSK & saB
    .Range(“B21”).Value = saBM
    .Range(“B22”).Value = saSho
    .Range(“B22”).Font.Size = 13 * TPnM
    .Range(“B22”).Font.Bold = True
    .Range(“B23”).Value = saN
    .Range(“B23”).Font.Size = 13 * TPnM
    .Range(“B23”).Font.Bold = True
    .Range(“B24”).Value = saRe
  End With

step1:

Worksheets(“差出”).Columns.AutoFit

差出フォント設定

差出人名印刷PV

End Sub

 

「差出縦書き」プロシージャー

縦書きが必要な封筒サイズのために、別にプロシージャーを記述しています。

Sub 差出縦書き()

 

  With Worksheets(“差出”)
    .Cells.ClearFormats
    .Cells.ClearContents
    .Cells.UseStandardHeight = True
    .Cells.UseStandardWidth = True
    .PageSetup.LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(0.1)
    .PageSetup.RightMargin = Application.CentimetersToPoints(0.5)
    .PageSetup.BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(0.5)
    .Rows.RowHeight = 24 * TPnRo
    .Columns(“A”).ColumnWidth = 1.5
    .Columns(“B:Q”).ColumnWidth = 2.3
    .Columns(“R”).ColumnWidth = 3
    .Cells.Font.Size = 13 * TPnM
    .Cells.ShrinkToFit = True
    .Cells.Orientation = xlVertical
    .Cells.VerticalAlignment = xlTop
    .Rows(1).RowHeight = 24 * TPnU
    .Range(“B6”).Value = saYB
    .Range(“F7”).Value = saK & saSK & saB
    .Range(“E7”).Value = saBM
    .Range(“D8”).Value = saSho
    .Range(“D8”).Font.Size = 13 * TPnM
    .Range(“C7”).Value = saN
    .Range(“C7”).Font.Size = 13 * TPnM
    .Range(“B7”).Value = saRe
    .Range(“B6:F6”).MergeCells = True
    .Range(“F7:F17”).MergeCells = True
    .Range(“E7:E17”).MergeCells = True
    .Range(“D8:D17”).MergeCells = True
    .Range(“C7:C17”).MergeCells = True
    .Range(“B7:B17”).MergeCells = True
    .Range(“B6”).Orientation = xlHorizontal
    .Range(“B6”).HorizontalAlignment = xlCenter
    .Range(“F7”).VerticalAlignment = xlTop
    .Range(“E7”).VerticalAlignment = xlTop
    .Range(“D8”).VerticalAlignment = xlTop
    .Range(“B7”).VerticalAlignment = xlBottom

  End With

End Sub

 

「差出人名印刷PV」プロシージャー

最後に印刷プレビューの表示です。確認してOKであればプレビュー内の「印刷ボタン」を押します。

Sub 差出人名印刷PV()

  Worksheets(“差出”).PrintPreview

End Sub

 

「差出人を封筒に印刷」のVBAコードのまとめ

 

この差出人印刷の特徴は、封筒サイズに合わせて縦印刷と横印刷の両方に対応しているということです。

更に登録した差出人の中で、差出人を変更できるということです。

例えば、SHOP名で差し出す場合、個人で差し出す場合、ハンネで差し出す場合などにも利用することが出来ます。

 

補足説明
最後に、封筒の種類を増やしたいときのコード修正のポイントを挙げておきます。

 

  1. 「封筒宛名コントロール」のオプションボタンをその封筒サイズ名で増やします。(同じフレーム内に入れてください。)
  2. プリンターへの「封筒登録」を行ってください。
  3. ユーザーフォームモジュールに増やしたオプションボタンのイベントコードを記述します。
  4. 封筒タイプ(現在はTP1からTP10)を増やすかどうかを考えます。現在あるタイプのどれかに入るならそのタイプにします。
  5. 封筒タイプは宛名の印刷位置を規定していますので、増やす場合は、5つの変数TPnU・TPnL・TPnM・TPnRo・TPnCoを設定してください。
  6. Module1で「単独印刷」プロシージャー、Module2で「差出人名印刷」プロシージャー内のタイプ判定コードに対して、その封筒サイズの条件分岐を増やしてください。

 

この「封筒宛名印刷エクセル」を無料でダウンロードするのはこちら↓から行うことが出来ます。

こちら↓でダウンロードすることが出来ます。

 

ただし、こちらの方はVBAコードを保護していますので、使う側でのVBAコードのカスタマイズを行うことはできません。

 

ここの記事説明とダウンロードしたソフトで、早々に利用していただくことが出来ます。

 

“封筒宛名印刷エクセル” をダウンロード fuutouatena-1.zip – 13476 回のダウンロード – 84 KB

 

このソフトはご自分で業務でお使いいただくのはフリーですが、

転載や転売については許可しておりませんので、ご使用にならないよう固くお断りいたします。

 

このテーマの記事を始めから読むのは、こちら↓からスタートしてください。

エクセルだけで16種類の封筒に宛名印刷ができる。住所録転用可能!

 

vbastudyeyecatch002 エクセルVBAを独学で習得する!ために大切な7つのポイントを解説します

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。
エクセルVBAの独習でおすすめ参考書を7冊選ぶ。良書との出会いは大切です

 

エクセルVBAの独習には動画学習という方法もあります。 目と耳両方を使って学習することでさらに勉強効率を上げることもできると思います。
エクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。

 

エクセルVBAを使って業務効率を上げて行くのに、始めのうちに知っておきたい内容を纏めています。

「VBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません