のし書き用の詳細設定シートをVBAコードで作成します。

nishigakisyousaieyecatch

のし書き作成のエクセルVBAコードを組み立てていきます。

今回は詳細設定シート編です。
シートを直接的に加工して作表するのではなく、作表をVBAから行うことで何度でも初期状態にリセットすることが出来ます。

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

今回より「のし書き作成エクセルソフト」のVBAコード組み立ての解説を行っていきます。

この記事は、「設定」シートの作り方についての第1回です。

 

のし書き作成のための詳細設定シートを作ります

 

のし書きを作成するには、結構、設定が必要な項目が多くあります。

入力セルやテキストボックスを指定してその都度、内容を入力指定してもらうか

チェックボックス、プルダウンメニューやオプションボタンで選択指定してもらうか

などが考えられます。

今回は

「パッと見」の視認性でオプションボタンとチェックボックスを採用しています。

 

詳細設定シートの作り方。項目の設置作業全体は

 

今回作る部分はこの部分です。

直接シートに作り込んでいってもいいのですが、

ここはエクセルVBAコードを使っていきます。

noshigakisettei001a

 

 

VBAコード組み立て作業の方針

 

9の代表項目の一覧表と数多くの選択肢欄があります。

それぞれの作表と選択肢項目の入力、セルのカラー設定とフォント設定

結構面倒くさいです。そこで、

この設定表をエクセルVBAコードで作成していきます。

Module2に記述していきます。

エクセルVBAコードで組み立て作成すれば、

コマンドボタンクリック一つで、いつでもデフォルト状態に戻すことが出来るようになります。

 

VBAコード全体

 

完成した設定表のエクセルVBAコード
コード

Option Explicit
Option Base 1

Sub 設定欄作成()

    Dim j As Long
    
'設定シートが存在するかどうか
    Dim Sh As Worksheet
    Dim Flg As Boolean
        Flg = False
        For Each Sh In Worksheets
            If Sh.Name = "設定" Then
                Flg = True
                Exit For
            End If
        Next
        
'存在しなければ設定シートを新規作成
        If Flg = False Then
                Worksheets.Add before:=Worksheets(1)
                ActiveSheet.Name = "設定"
        End If
        
'設定シートに設定表を作表していく
        Worksheets("設定").Activate
        
'セルのスタイル
        With Worksheets("設定")
            .Rows("2:43").RowHeight = 27
            .Range("C:C, F:F, I:I").ColumnWidth = 22
            
'セルA1
            With Range("A1")
                .RowHeight = 54
                .Font.Size = 33
                .Font.Bold = True
            End With
             
'設定項目の見出しセル
            With Range("B2:C2,E2:F2,H2:I2")
                .Merge
                .Interior.ColorIndex = 20
                .Font.Bold = True
                .Font.ColorIndex = 5
            End With
            
            With Range("B10:C10,E10:F10,H10:I10")
                .Merge
                .Interior.ColorIndex = 20
                .Font.Bold = True
                .Font.ColorIndex = 5
            End With
            
            With Range("B3:C3,E3:F3,H3:I3,B11:C11,E11:F11,H11:I11")
                .Interior.ColorIndex = 15
            End With
            
            With Range("H16:I16,E23:F23,E29:F29")
                .Interior.ColorIndex = 15
            End With
                      
            With Range("H15:I15,E21:F21,E22:F22,E28:F28")
                .Merge
                .Interior.ColorIndex = 20
                .Font.Bold = True
                .Font.ColorIndex = 5
            End With
            
'表の罫線
            With Range("B2:C8")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
        
            With Range("E2:F8")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
            
            With Range("H2:I8")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
            
            With Range("B10:C43")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
            
            With Range("E10:F19")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
            
            With Range("H10:I13")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
             
            With Range("H15:I19")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
             
            With Range("E21:F26")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
            End With
            
            With Range("E28:F32")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
            End With
            
            With Range("E21:F32")
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With
            
'選択済み一覧の作表
            With Range("H23:I43")
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick, ColorIndex:=5
            End With
                      
            For j = 24 To 42 Step 2
                Range(Cells(j, 8), Cells(j, 9)).Select
                
                With Selection
                    .Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlContinuous
                    .Interior.ColorIndex = 24
                End With
            Next j
            Range("H23:I23").Interior.ColorIndex = 24
            Range("H28:I28").Interior.ColorIndex = 0
            
            Range("H28:I28").Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlLineStyleNone
            
            With Range("H23").Font
                .Size = 14
                .Bold = True
                .ColorIndex = 5
            End With
            
            With Range("H24:H42").Font
                .Size = 13
                .Bold = True
            End With
            
'セル中の文字表示位置を指定します
            With Range("F24:F26,F30:F32,I41:I43")
                .HorizontalAlignment = xlLeft
            End With
            
'文字色を白にセットする(文字が見えないようにする)
            With Range("E4:E8")
                .Font.ColorIndex = 2
            End With
            
'文字記入一括処理
    Dim Mykmk(43, 9) As String
    Dim s As Long, t As Long
        
        Mykmk(1, 1) = "【熨斗書き】詳細設定"
        Mykmk(2, 2) = "熨斗サイズ"
        Mykmk(23, 8) = "項目選択済み一覧"
        Mykmk(24, 8) = "熨斗サイズ"
        Mykmk(2, 5) = "贈り主名入れ表書き"
        Mykmk(26, 8) = "贈り主名入れ表書き"
        Mykmk(2, 8) = "贈り主名印字スタイル 縦位置"
        Mykmk(30, 8) = "贈り主名印字スタイル 縦位置"
        Mykmk(4, 3) = "A5サイズ"
        Mykmk(4, 9) = "上詰め"
        Mykmk(5, 3) = "A4サイズ"
        Mykmk(5, 9) = "中央揃え"
        Mykmk(6, 3) = "B5サイズ"
        Mykmk(6, 9) = "下詰め"
        Mykmk(7, 3) = "B4サイズ"
        Mykmk(7, 9) = "両端揃え"
        Mykmk(8, 3) = "熨斗封筒"
        Mykmk(8, 9) = "均等割り付け"
        Mykmk(10, 2) = "慶弔名表書き"
        Mykmk(32, 8) = "慶弔名表書き"
        Mykmk(10, 5) = "文字フォント種"
        Mykmk(34, 8) = "文字フォント種"
        Mykmk(10, 8) = "贈り主名文字の制御"
        Mykmk(36, 8) = "贈り主名文字の制御"
        Mykmk(12, 3) = "御祝"
        Mykmk(12, 6) = "MS Pゴシック"
        Mykmk(12, 9) = "折り返して全体を表示"
        Mykmk(13, 3) = "寿"
        Mykmk(13, 6) = "MS P明朝"
        Mykmk(13, 9) = "縮小して全来を表示"
        Mykmk(14, 3) = "内祝"
        Mykmk(14, 6) = "メイリオ"
        Mykmk(15, 3) = "御礼"
        Mykmk(15, 6) = "游ゴシック"
        Mykmk(15, 8) = "贈り主名併記"
        Mykmk(38, 8) = "贈り主名併記"
        Mykmk(16, 3) = "御結婚御祝"
        Mykmk(17, 3) = "新築御祝"
        Mykmk(17, 9) = "併記しない"
        Mykmk(18, 3) = "御出産御祝"
        Mykmk(18, 9) = "2人併記"
        Mykmk(19, 3) = "御開店御祝"
        Mykmk(19, 9) = "3人併記"
        Mykmk(20, 3) = "御卒業祝"
        Mykmk(21, 3) = "御進学祝"
        Mykmk(21, 5) = "文字フォントサイズ"
        Mykmk(40, 8) = "文字フォントサイズ慶弔名"
        Mykmk(22, 3) = "御昇進祝"
        Mykmk(22, 5) = "慶弔名"
        Mykmk(23, 3) = "金賞"
        Mykmk(24, 3) = "銀賞"
        Mykmk(25, 3) = "佳作"
        Mykmk(26, 3) = "参加賞"
        Mykmk(27, 3) = "特別賞"
        Mykmk(28, 3) = "御中元"
        Mykmk(28, 5) = "贈り主名"
        Mykmk(42, 8) = "文字フォントサイズ贈り主名"
        Mykmk(29, 3) = "御歳暮"
        Mykmk(30, 3) = "御見舞"
        Mykmk(31, 3) = "御霊前"
        Mykmk(32, 3) = "御供"
        Mykmk(33, 3) = "志"
        Mykmk(34, 3) = "粗供養"
        Mykmk(35, 3) = "満中陰志"
        
        For s = 1 To 43
            For t = 1 To 9
                Cells(s, t).Value = Mykmk(s, t)
            Next t
        Next s

            With Range("B3,E3,H3,B11,E11,H11,H16,E23,E29")
                .Value = "チェック"
                .Font.Bold = True
            End With
            
            With Range("C3,F3,I3,C11,F11,I11,I16,F23,F29")
                .Value = "選択項目"
                .Font.Bold = True
            End With
            
        End With
    Range("A1").Select
    
End Sub

 

詳細設定のVBAコード 各ポイント説明

 

設定シートが既に存在をチェック

 

作成したい設定シートが既に存在するかどうかをチェックします。

コード

'設定シートが存在するかどうか
    Dim Sh As Worksheet
    Dim Flg As Boolean
        Flg = False
        For Each Sh In Worksheets
            If Sh.Name = "設定" Then
                Flg = True
                Exit For
            End If
        Next
        
'存在しなければ設定シートを新規作成
        If Flg = False Then
                Worksheets.Add before:=Worksheets(1)
                ActiveSheet.Name = "設定"
        End If

シートの存在をチェックする方法(コード組み立て)はいろいろあるかと思いますが、

自分がいつも使っている方法はこのコードになります。

ポイント

真偽(TrueとFalse)を使って判定しますが、

  • シート”名前”があればTrueが返り、その時に判定のループを抜け出す。
  • 次にあるIf条件文は条件満足外でスルーされ、次のコード文へと進む。
  • ”名前”がなければ、判定ループの次の条件文で、その”名前”シートが新規作成される。

 

MEMO

「For Each~Next」の使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。

VBA 回数不定のループ処理はDo LoopとFor Each

 

設定項目の見出しセル

 

設定項目の見出しセルのセッティングについては、

コード

'設定項目の見出しセル
            With Range("B2:C2,E2:F2,H2:I2")
                .Merge
                .Interior.ColorIndex = 20
                .Font.Bold = True
                .Font.ColorIndex = 5
            End With

このコードでは、一度に3か所について記述しています。(B2とC2、E2とF2、H2とI2)

ポイント

  • それぞれ2つずつのセルを連結
  • セルの色を設定
  • 値の表示を太字に設定
  • 文字の色を設定

 

MEMO

With~End Withの使い方については、この記事を参考にしてください。

With~End Withの使い方。VBAコードを簡潔に記述する

 

表の罫線

 

表に罫線を引く設定のコードです。

セルの上下左右それぞれに罫線のコード設定をしなくても、一度に引けてしまうコードです。

コード

'表の罫線
            With Range("B2:C8")
                .Borders.LineStyle = xlContinuous
                .BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThick
            End With

罫線の幅や実線破線は、「LineStyle」で指定します。

ポイント

  • 「Borders」を使えば4方向すべてに罫線を引くことが出来ます。
  • 「BorderAround」を使えばセル範囲の外周部分に罫線を引くことが出来ます。

 

選択済み一覧の作表

 

飛び飛びに罫線を引きます。

コード

'選択済み一覧の作表
            For j = 24 To 42 Step 2
                Range(Cells(j, 8), Cells(j, 9)).Select
                
                With Selection
                    .Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlContinuous
                    .Interior.ColorIndex = 24
                End With
            Next j

ポイント

  • For Step ~Next を使ったコード組み立てをします。
  • ループの中でセル範囲を移動させながらセルの上部に罫線を引いていきます。

 

文字色を白にセットする(文字が見えないようにする)

 

見せる必要のない表示をセル色と同色にして見えなくさせます。

コード

'文字色を白にセットする(文字が見えないようにする)
            With Range("E4:E8")
                .Font.ColorIndex = 2
            End With

 

文字記入一括処理

 

Rangeでそれぞれのセルに値をはめ込んでもできますが、

配列を使ってセルに値入力していきます。

コード

'文字記入一括処理
    Dim Mykmk(43, 9) As String
    Dim s As Long, t As Long
        
        Mykmk(1, 1) = "【熨斗書き】詳細設定"
        Mykmk(2, 2) = "熨斗サイズ"
        Mykmk(23, 8) = "項目選択済み一覧"
        Mykmk(24, 8) = "熨斗サイズ"
        Mykmk(2, 5) = "贈り主名入れ表書き"
        Mykmk(26, 8) = "贈り主名入れ表書き"
        Mykmk(2, 8) = "贈り主名印字スタイル 縦位置"
        Mykmk(30, 8) = "贈り主名印字スタイル 縦位置"
        Mykmk(4, 3) = "A5サイズ"
        Mykmk(4, 9) = "上詰め"
        Mykmk(5, 3) = "A4サイズ"
        Mykmk(5, 9) = "中央揃え"
        Mykmk(6, 3) = "B5サイズ"
        Mykmk(6, 9) = "下詰め"
        Mykmk(7, 3) = "B4サイズ"
        Mykmk(7, 9) = "両端揃え"
        Mykmk(8, 3) = "熨斗封筒"
        Mykmk(8, 9) = "均等割り付け"
        Mykmk(10, 2) = "慶弔名表書き"
        Mykmk(32, 8) = "慶弔名表書き"
        Mykmk(10, 5) = "文字フォント種"
        Mykmk(34, 8) = "文字フォント種"
        Mykmk(10, 8) = "贈り主名文字の制御"
        Mykmk(36, 8) = "贈り主名文字の制御"
        Mykmk(12, 3) = "御祝"
        Mykmk(12, 6) = "MS Pゴシック"
        Mykmk(12, 9) = "折り返して全体を表示"
        Mykmk(13, 3) = "寿"
        Mykmk(13, 6) = "MS P明朝"
        Mykmk(13, 9) = "縮小して全来を表示"
        Mykmk(14, 3) = "内祝"
        Mykmk(14, 6) = "メイリオ"
        Mykmk(15, 3) = "御礼"
        Mykmk(15, 6) = "游ゴシック"
        Mykmk(15, 8) = "贈り主名併記"
        Mykmk(38, 8) = "贈り主名併記"
        Mykmk(16, 3) = "御結婚御祝"
        Mykmk(17, 3) = "新築御祝"
        Mykmk(17, 9) = "併記しない"
        Mykmk(18, 3) = "御出産御祝"
        Mykmk(18, 9) = "2人併記"
        Mykmk(19, 3) = "御開店御祝"
        Mykmk(19, 9) = "3人併記"
        Mykmk(20, 3) = "御卒業祝"
        Mykmk(21, 3) = "御進学祝"
        Mykmk(21, 5) = "文字フォントサイズ"
        Mykmk(40, 8) = "文字フォントサイズ慶弔名"
        Mykmk(22, 3) = "御昇進祝"
        Mykmk(22, 5) = "慶弔名"
        Mykmk(23, 3) = "金賞"
        Mykmk(24, 3) = "銀賞"
        Mykmk(25, 3) = "佳作"
        Mykmk(26, 3) = "参加賞"
        Mykmk(27, 3) = "特別賞"
        Mykmk(28, 3) = "御中元"
        Mykmk(28, 5) = "贈り主名"
        Mykmk(42, 8) = "文字フォントサイズ贈り主名"
        Mykmk(29, 3) = "御歳暮"
        Mykmk(30, 3) = "御見舞"
        Mykmk(31, 3) = "御霊前"
        Mykmk(32, 3) = "御供"
        Mykmk(33, 3) = "志"
        Mykmk(34, 3) = "粗供養"
        Mykmk(35, 3) = "満中陰志"
        
        For s = 1 To 43
            For t = 1 To 9
                Cells(s, t).Value = Mykmk(s, t)
            Next t
        Next s

            With Range("B3,E3,H3,B11,E11,H11,H16,E23,E29")
                .Value = "チェック"
                .Font.Bold = True
            End With
            
            With Range("C3,F3,I3,C11,F11,I11,I16,F23,F29")
                .Value = "選択項目"
                .Font.Bold = True
            End With

配列の宣言のMykmk(43,9)はセルの番地に対応しています。

慶弔名表書きのデフォルト値を修正したり追加したりするのは、

ここの部分のコードから変更することが出来ます。

ポイント

  • 「Mykmk( , )= 」に値を修正・追加すればデフォルト値を変更することが出来ます。

 

MEMO

二次元配列変数(動的配列)の使い方について詳しくはこちらです。

エクセルVBA 2次元動的配列変数を実例的利用法で最速に理解

 

設定シートのエクセルVBA組み立てのまとめ

 

このような設定シートを作成するやり方として、

シート上に直接作表、書き込みをするのがメジャーな方法かもしれません。

けれども、

作表作業をVBA化することで、万が一シートの内容を壊してしまったりしても

すぐにリカバリーすることが出来ますので、

設定シートのエクセルVBA組み立ては、おすすめの方法です。

 

MEMO

のし書き作成エクセルソフトのダウンロードは、こちら↓の記事から行うことが出来ます。

無料ダウンロード のし書き作成エクセルソフト!既製のし紙が使えます

 

短期間でエクセルVBAの独学習得を目指したいなら

 

エクセルVBAを独学する独習方法は、学習者それぞれ十人十色、多種多様と思われます。

けれども、

出来るだけ効率よく学習するためには、いくつかの大切なポイントがあります。

独学でもVBA習得の中級クラスに達するのはそんなに難しいことではありません。

先人が行った勉強方法をあなたがそのまま利用すればよいということです。

vbastudyeyecatch002 エクセルVBAを独学で習得する!ために大切な7つのポイントを解説します

独習のための大切な7つのポイントは、上記記事にて解説しています。

重要ワード

独習によるVBA習得のキーワードは、

出来るだけ多くの実例に触れること!

です。

正直、VBAの学習について自分の周りの仕事(業務)からだけ実例を得るのでは効率良い習熟は無理です。

ハッキリ言って、

本当に短い期間でVBA習得を成功させたいなら、今使っている参考書が良書かどうかを判断し、新ツールとしてオンライン学習も取り入れて行うことが、

手っ取り早く短期間習得できるというのは間違いないでしょう。

 

 

このサイトでよく使うVBAのコードのトピックを纏めています。

「VBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。