印刷用テンプレートシートの保存をVBAコードで作成。エクセルのし書きソフト

noshihozoneyecatch

のし書き作成の印刷テンプレートで、シートを保存するエクセルVBAコードを解説します。
作成したのし書きを再利用できるようにするためのものです。
毎回、同じものを作成しなくても大丈夫になります。

 

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

この記事は、「のし書き作成エクセルソフト」で作成した印刷テンプレートを再利用するための保存についてです。

今回で、「のし書き作成エクセルソフト」についての最終回になります。

印刷テンプレートの保存のためのVBAコードを組み立てていきます。

 

印刷用テンプレートシートの保存
をVBAコードで作成する

 

作成したのし書きは、一度きりの使い道のみの場合だけでなく、

再利用したい時、定期的に使いたい場合もあるかと思います。

 

毎回同じものを作ってもいいですが、

一度作ったものを保存しておくことが出来ればこれに越したことはありません。

 

ということで、

印刷テンプレート保存のためのエクセルVBAコードを組み立てておきます。

 

印刷テンプレート保存VBA。作成のポイント

 

保存のためのエクセルVBAはそんなに難しくはありません。

 

保存用のシート名を指定します。

コピーした印刷テンプレートシートをそのシート名で保存します。

同名のシート名があった場合は、処理を中止し終了する設定にします。

 

保存用のシート名を入力するのは、「InputBox」を利用します。

使い方についてはこちら↓で詳しく説明をしています。

2つのインプットボックス。関数とメソッド、特徴を生かした使い分け

 

シートのコピーについては、こちら↓の記事が参考にできます。

ワークシートのコピーを最速に理解!VBAコードで選ぶコピー結果

 

保存のためのVBAコードの組み立て

 

コード全体はこのようになります。

コード

Sub 熨斗シート保存()

    Dim WS As Worksheet
    Dim NewName As String
    Dim Flg As Boolean
        Flg = False
'インプットボックスから保存用のシート名を入力します
        NewName = InputBox("保存のし書きのシート名を決めてください")
        If NewName = "" Then
            Exit Sub
        End If
        
 '入力した名前がすでに存在するかどうかを調べます
        For Each WS In Worksheets
            If WS.Name = NewName Then
                Flg = True
                Exit For
            End If
        Next

'すでに名前が存在する場合は終了します
        If Flg = True Then
            MsgBox "同名のシートが既にあります。" & vbCrLf & "別のシート名にしてください。終了します。"
            Exit Sub
        Else
'同名のシートがない場合は、シートタブの一番右にテンプレートのコピーを作成
            Worksheets("のし書きBase").Copy after:=Worksheets(Sheets.Count)
'コピーしたシートを入力したシート名にします
            Set WS = ActiveSheet
            WS.Name = NewName
        End If

End Sub

 

印刷用テンプレートシートの保存の
エクセルVBAコードのまとめ

 

今回で、のし書き作成エクセルソフトの組み立て方法についての説明は終了です。

一度作成したのし書きも保存してリユース出来るようになりましたので

その点でも「グッと業務効率が上がる」のではないでしょうか。

 

ただ、保存シートの数が多くなって来た時には、

リサイクルで使いたい保存シートを探すのが大変になってくると思います。

結構シートのタブを繰って行くのは大変です。

その時の解決策として、

存在するシート名の一覧表(リスト)を新たなリストに表示させ、

そのリスト中のシート名を指定することで、

「その指定したシートを一発で表示する」という方法で解決できます。

そのためのエクセルVBAコードを組み立てる必要がありますが、

そういったケースになった時にまた組み立て法を考えてみてください。

 

MEMO

のし書き作成エクセルソフトのダウンロードは、こちら↓の記事から行うことが出来ます。

無料ダウンロード のし書き作成エクセルソフト!既製のし紙が使えます

 

短期間でエクセルVBAの独学習得を目指したいなら

 

エクセルVBAを独学する独習方法は、学習者それぞれ十人十色、多種多様と思われます。

けれども、

出来るだけ効率よく学習するためには、いくつかの大切なポイントがあります。

独学でもVBA習得の中級クラスに達するのはそんなに難しいことではありません。

先人が行った勉強方法をあなたがそのまま利用すればよいということです。

vbastudyeyecatch002 エクセルVBAを独学で習得する!ために大切な7つのポイントを解説します

独習のための大切な7つのポイントは、上記記事にて解説しています。

重要ワード

独習によるVBA習得のキーワードは、

出来るだけ多くの実例に触れること!

です。

正直、VBAの学習について自分の周りの仕事(業務)からだけ実例を得るのでは効率良い習熟は無理です。

ハッキリ言って、

本当に短い期間でVBA習得を成功させたいなら、今使っている参考書が良書かどうかを判断し、新ツールとしてオンライン学習も取り入れて行うことが、

手っ取り早く短期間習得できるというのは間違いないでしょう。

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。
エクセルVBAの独習でおすすめ参考書を7冊選ぶ。良書との出会いは大切です

 

エクセルVBAの独習には動画学習という方法もあります。 目と耳両方を使って学習することでさらに勉強効率を上げることもできると思います。
エクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。

 

このサイトでよく使うVBAのコードのトピックを纏めています。

「VBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。