販売王の売上データを外部入力。エクセルソフト「販売データ入力」の使い方

hancustorieyecatchaa

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

 

今回は「販売データ入力.xlsm」の使い方について、設置方法から取扱説明書風に説明していきたいと思います。

 

このエクセルソフトは以下からダウンロードすることができます。ダウンロード頂いた「販売データ入力」はライセンス無料で使用いただけます。

 

<VBAコードはパスコードで保護していますので改変いただくことはできません>

 

ダウンロードはこちらから↓

 

“販売データ入力” をダウンロード hanbainyuryoku-2.zip – 1807 回のダウンロード – 75 KB

 

このソフトはご自分で業務でお使いいただくのはフリーですが、

転載や転売については許可しておりませんので、ご使用にならないよう固くお断りいたします。

 

本記事に進む前に、先回の記事を読み返してみるにはこちらから。↓

販売王の売上伝票を一挙に作成。読み込み可能な外部データの作り方。

 

販売データ入力に関連する記事はこちらになります。

「販売伝票作成」の記事一覧を開く

 

事前準備について

hancustoriborderaa

使い始める前に準備作業が少しあります。

 

フォルダの設置場所と内容

最初、すべてのファイルは「販売王入力」というフォルダに入っています。

この「販売王入力」フォルダは普段使いのわかるところに置いていただければ結構です。

My ドキュメント あたりでよろしいかと思います。

 

フォルダの中身」はこのようなレイアウトになっています。

hanbaicustori001n

サブディレクトリの「区分登録」の中身はこのようになっています。

hanbaicustori002

 

サブディレクトリの「顧客登録」の中身はこのようになっています。

hanbaicustori003

 

サブディレクトリの「書誌データ入力」の中身はこのようになっています。

hanbaicustori004

 

サブディレクトリの「販売王商品登録CSV」と販売王売上登録CSVの中身は最初は空になっています。

 

フォルダ設定 事前の入力情報準備

 

販売王で登録している情報を、フォルダに保存しておく必要があります。

「区分登録」フォルダの中の「商品区分登録.CSV」ファイルについて

この「販売データ入力.xlsm」を使う前に、すでに登録完了した販売王の商品区分データをテキストデータ出力してフォルダの中に保存しておきます。

テキストデータ保存をするときにこの「商品区分登録.CSV」を上書きする形で保存してください。

テキストデータ出力保存方法はこちらです。

「区分登録」フォルダ で確認できます。

 

「顧客登録」フォルダの中の「顧客登録.CSV」ファイルについて

区分登録と同様に、すでに登録完了した販売王の顧客データをテキストデータ出力してフォルダの中に保存しておきます。

同様にテキストデータ保存をするときは「顧客登録.CSV」を上書きする形で保存してください。

テキストデータ出力保存方法はこちらです。

「顧客情報を所定のフォルダに保存する」 で確認できます。

 

「書誌データ入力」フォルダの中の「書誌データ抽出.xlsm」ファイルについて

こちらのファイルは最初からすでにセットしていますので触る必要はありません。

 

「販売王商品登録CSV」フォルダの中身について

ここは「販売データ入力.xlsm」を使って作成された販売王登録用の商品CSVデータを保存しておくフォルダです。

そのまま保存していくと、日付別時間別に積みあがっていきます。

そこで、管理やメンテ用にこのフォルダの下に得意先ごとにサブディレクトリを作ってそこにデータを保存することを強くお勧めします。

hanbaicustori005

データ保存時のファイル名に販売王の「区分1」の名称が入りますので、「区分1」の登録時に得意先名を設定していれば、このデータ保存の時に「どこの」ための商品の登録かが一目で分かります。

 

「販売王売上登録CSV」フォルダの中身について

こちらのフォルダの場合も「販売王商品登録CSV」フォルダ同様に直下にフォルダを作って管理される方が使い易くなると思います。

データ保存時のファイル保存場所については「販売王商品登録CSV」フォルダと同様に「得意先名」でサブフォルダを作ります。

データ保存時のファイル名には販売王の「得意先コード」の名称が入ります。

同一組織の違う部署の場合でも販売王の「得意先登録」で別登録してコードを変えておけば、「これはどの部署分の売上」という様に作成したデータを区別できるようになります。

 

「販売データ入力.xlsm」の事前準備

 

少しだけ「販売データ入力.xlsm」についての使用前の準備作業があります。

このエクセルを起動して「操作ボタン」シートを開いてください。

「特別価格対応表」に、得意先で特別に価格対応しているところがあれば、

値引率を登録しておく必要があります。

値引きの数値は「%」記号は不要です。5%引きならば「5」と記入してください。

これで完了です。

 

あと、各クリアボタンは使用前に一度押しておくといいです。(前回使用の残りデータ消去)

 

商品登録の操作

hancustoriborderaa

Webから書誌情報を入手し、販売王に商品登録を行います。

 

Webからの情報の取り出し

 

Webから書誌情報を入手する方法です。

 

「貼り付け」シートについて

「販売データ入力.xlsm」を起動します。

「貼り付け」シートを開きWebからコピーしたテキストをシートのA列に貼り付けます。

適切な「商品登録」のボタンを押して必要なデータを抽出します。

抽出されたデータは「作業シート」に移されます。

イ.NOCSのコピー部分は

hanbaicustm1001a

 

「貼り付け」シートに貼り付けた状態は

hanbaicustm1002a

 

ロ.出版書誌のコピー部分は

hanbaicustm1003a

 

「貼り付け」シートに貼り付けた状態は

hanbaicustm1004na

 

「作業シート」について

「作業シート」にデータを貼り付けた状態はこのようになります。

hanbaicustori006na

 

商品登録データ保存

 

「操作ボタン」シートを開いてください。

商品登録操作項目の「商品CSVデータの作成」ボタンを押してください。

 

「IDスタートナンバー」のウインドウが表示されます。

商品登録をする第一番目のID番号を入力します。

hanbaicustori007na

 

次に「商品区分1」の登録番号を入力します。

hanbaicustori008na

 

さらに「商品区分2」をの登録番号を入力します。

hanbaicustori009na

 

作成した商品登録CSVの保存先の指定ウインドウが表示されますので選択をして「OK」をクリックします。

hanbaicustori010na

 

これで、登録用の商品データCSVが作成保存されました。

あとは売上登録CSVまで作成してから販売王に登録する方が段取り的には良いですが、

説明の流れ上、販売王への登録方法を説明します。

 

販売王を起動して「ツール」タブの「テキストデータ」をクリックします。

hanbaicustori011a

 

テキストデータ入力ウインドウで選択項目を指定します。

hanbaicustori012a

 

ファイル名で参照ボタンを押してファイルを指定します。

hanbaicustori013a

 

「開始ボタン」を押して登録します。

 

売上登録の操作

hancustoriborderaa

 

得意先情報を加えて売上伝票を作成していきます。

「操作ボタン」シートを開いてください。

売上登録操作項目の「売上CSVデータの作成」ボタンを押してください。

 

売上伝票番号を入力します。

hanbaicustori014na

 

販売先の登録番号を入力します。

hanbaicustori015na

 

消費税率を入力します。

hanbaicustori016na

 

特別価格かどうかを指示します。

hanbaicustori017na

 

販売する書誌それぞれの販売冊数を入力します。

hanbaicustori018na

 

作成した売上登録CSVデータの保存先を指定します。

hanbaicustori019na

 

売上登録CSVの終了を手動で行う様にメッセージを表示します。

hanbaicustori020a

 

 

販売王への売上データ登録を行います。

 

販売王を起動して「ツール」タブの「テキストデータ」をクリックします。

表示された、テキストデータ入力ウインドウで選択項目を指定します。

 

hanbaicustori021a

 

ファイル名の「参照ボタン」を押してインポートするファイルを指定します。

hanbaicustori022a

 

テキストデータ入力ウインドウの「開始」ボタンを押してインポート完了です。

 

シートクリアについて

hancustoriborderaa

 

売上登録CSV作成において「商品CSV作成」シートのデータを利用しますので、

「商品CSV作成」シートのデータが空の場合は、「売上CSVデータの作成」ボタンを押せばエラーが発生します。

したがって

「商品CSV作成」シートをクリアする場合は必ず「売上CSV作成」シートをクリアしてください。

逆に

「売上CSV作成」シートをクリアすれば、「商品CSV作成」シートのデータを使って他の得意先の売上伝票を作成することができます。

「商品CSV作成」シートと「売上CSV作成」シートをクリアした状態で、

「貼り付け」シートから新しく商品を追加し「商品登録操作」を行えば

何度も「Webからの商品情報の抽出」作業を行う手間を省くことができます。

「作業シート」のクリアは
このソフトを起動してデータ入力するときはもちろんですが、「Webからの商品情報の抽出」作業をリセットして新たに商品を登録するときに必要となります。

 

 

まとめ

 

このシリーズはこれで完了です。

普段より実際に使用していますが、これ無しには作業時間が掛かって仕方ないといった感じです。

ぜひ一度試していただければと思います。

 

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。

エクセルVBAの独習でおすすめ参考書を7冊選ぶ。良書との出会いは大切です

 

エクセルVBAの独習には動画学習という方法もあります。 目と耳両方を使って学習することでさらに勉強効率を上げることもできると思います。
エクセルVBA初級者がUdemyで動画学習する講座おすすめ5選と無料講座の上手な使い方。

 

エクセルVBAを使って業務効率を上げて行くのに、始めのうちに知っておきたい内容を纏めています。

「VBA最速理解」の記事一覧を開く

 

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

 

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。