VBAコードでシートをデフォルト状態に戻す処理

hanbaicusclreyecatch

エクセルVBAでワークシート上の販売データをクリアします。またそれを実行するコマンドボタンを設置します。
Clearメソッドを使えば簡単なコードで行えます。

こんにちは、じゅんぱ店長(@junpa33)です。

只今作成中の「販売データ入力.xlsm」の最終段階です。

次に使うために、使い終わったデータをクリアしておく。

後片づけのVBAコードを作成記述しておきます。

シート状態をデフォルトに戻すVBAコード

記述するモジュールはModule6とします。

3枚のシートに対して記述しますが、コード内容は同じです。

「作業シート」のクリアのコード

「作業シート」をデフォルトにします。

VBA
Sub 作業シートクリア()

        Worksheets("作業シート").Cells.Clear
        With Worksheets("作業シート")
            .Cells.UseStandardHeight = True
            .Cells.UseStandardWidth = True
        End With
        Range("A1").Select
End Sub
ここで使うvbaコードの参考記事

「商品CSV作成」シートのクリアのコード

「商品CSV作成」シートをデフォルトにします。

VBA
Sub 商品CSV作成クリア()

        Worksheets("商品CSV作成").Cells.Clear
        With Worksheets("商品CSV作成")
            .Cells.UseStandardHeight = True
            .Cells.UseStandardWidth = True
        End With
        Range("A1").Select
End Sub

「売上CSV作成」シートのクリアのコード

「売上CSV作成」シートをデフォルトにします。

HTML
Sub 売上CSV作成クリア()

        Worksheets("売上CSV作成").Cells.Clear
        With Worksheets("売上CSV作成")
            .Cells.UseStandardHeight = True
            .Cells.UseStandardWidth = True
        End With
        Range("A1").Select
End Sub

プロシージャーの実行ボタンを設置する

このシートクリアの実行コマンドボタンを、「操作ボタン」シートに設置します。

一つのボタンで3つのクリアを一度に行っても良いのですが、今回は1シートづつクリアできるようにします。

hanbaicusclr001a
ここで使うvbaコードの参考記事

まとめ

最後までありがとうございました。

これで「販売データ入力.xlsm」は完成しました。

次には、使い方の説明を通しで行います。またこの「販売データ入力.xlsm」を無料ダウンロードできるようにしておきます。

エクセルVBAを独習するのに参考書は欠かせません。 参考書選びは自分に合った「相棒」にできるものを選んでいきたいです。

vbastudyeyecatch2 エクセルVBAの独習でおすすめ参考書を7冊選ぶ。良書との出会いは大切です

今回の記事はここまでです。   最後までご覧いただき有難うございました。

エクセルVBA最速理解で必要な知識を集めよう!

エクセルVBA業務ツールで日常の業務改善を行いましょう。

<記事内容についての告知>VBAコードの記述記事においては、その記述には細心の注意をしたつもりですが、掲載のVBAコードは動作を保証するものではりません。 あくまでVBAの情報の一例として掲載しています。 掲載のVBAコードのご使用は、自己責任でご判断ください。 万一データ破損等の損害が発生しても当方では責任は負いません。